【マジでパニクる5秒前】パキシル服薬してみた

Pocket

うつ病休職993日目です。昨夜、始めてパキシル(12.5mg錠剤)を服薬しました。基本的に薬は飲みたくないのですが、好き嫌いを言える状況ではなく、かなりしんどかったのでダメもとで飲んでみた次第です。状況や感想(パキシルの副作用?)について書いてみます。

まずは状況から。一言で言えば、「人ごみに疲れた」あるいは「人酔いした」のが原因です。昨日は日曜日で、妻子を連れIKEAに行きました。妻子はIKEAが大好きです。私も嫌いじゃないですけど、前職(雑貨メーカー営業)時代に業務的にリサーチしていたものですから、「慣れた・飽きた」ということもあり、日頃は近づきません。妻子から頼まれた時だけ行く、年に2~3回程度です。

昨日のIKEAは、恐ろしく人が多かった。特に子連れが多かった。夏休み(お盆期間)が終わって最初の週末。「子供がうるさいし、どこかに外出したいけど、金も無いし疲れたし。とりあえずIKEAに連れて行って、お茶を濁そう」という考えの家庭が多かったのではないでしょうか。とにかくお客が多かった。

私は昔から人ごみは平気な方なんです。パニック障害を併発後は、人ごみにつかれるようになりましたが、でもまだ平気な方だと思います。でも、こんな私でもぐったり疲れるくらい、とにかく人が多かった・・・

1日3錠のグランダキシン、そして睡眠前のデパスはいつもどおりに服薬。早めに寝るが、ベッドに入ってもなんだか心が落ち着かない。胸がザワザワしている。昔「マジで恋する5秒前」みたいな曲があったような記憶がありますが、昨夜の私は「マジでパニクる5秒前」でした。デパスを飲んでも、パニクる感じがありましたので、ベッドから起き上がりパキシルを初の服薬。

パニクって薬を過剰摂取するのが怖くなり、妻に頼んで薬をすべて隠してもらう。もちろん刃物も隠してもらう。デパスとパキシルの相乗効果を信じてベッドに戻る。

しかしなかなか寝付けない。薬を飲んで安心したのか、パニック発作は出ませんでした。しかしながら妙に心臓がバクバクしている。心臓が「マジで飛び出る5秒前」みたいにバクバクしておりました。パキシル飲んだあと30分くらいは意識があった。

翌朝(月曜日)はパキシルの影響なのか、朝から妙な倦怠感がありました。私はいつも、朝はけっこう快調なんですけど、この朝は辛かった。職業訓練に通う時間も、訓練中も、ずっと辛かった。天気が崩れている影響もあるのでしょうが、かなり辛いものがありました。

なんだかんだ書きましたが、パニック発作が出なかったのはパキシルのおかげだったのでしょうか。できるだけ薬に頼らずにうつ病と闘う、そう言いながらいつのまにか3種類も薬を処方されてしまった。まあ、しかたないか。

このような感じで、パキシル服薬デビューを終えた次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です