テストは9科目すべてクリア。しかしメンタル凹み、2週間経過してようやく復活。

Pocket

うつ病休職964日目です。なんか嫌なゴロですね、964っていう数字。苦9・労6・死4・・・苦労して死ぬみたいな。

7月10日~12日の3日間、職業訓練校のテストがありました。テスト自体は、追試なしで無事に乗り切ったのですが、その後遺症?として、メンタルや体調不良はありました。もう、これ(後遺症?)は仕方ないことだと割り切っています。

つい3か月前まで、自宅にひきこもり主治医と妻子としか会話できなかったのです。3ヶ月間、サボリまくりながらもなんとか職業訓練に通い、そして3日連続のテストをきっちりクリアしたのです。そりゃあ、燃え尽きて当然だろう。そんな気がしております。

ブログを書こうかな、という意識はあったのですが、思っていた以上にテストの影響は大きく、気力も体力も大きく減退し、毎日をこなしていくことでいっぱいいっぱいでした。

ああ、先程も書きましたが、テスト自体は9科目すべてクリアできました。学科試験が6科目、実技試験が3科目。60点以下だと赤点となり追試を受験しないといけないのです。正直、追試を覚悟していたものが2科目ありました。その2科目は、60点台だったので、あと少しで追試。本当にギリギリでパスしていたという結果でした。

今回は職業訓練校の内部試験ですので、基本的には合格させる試験です。試験範囲も明確に告知されていますし、ご丁寧に参考問題(実際の試験とほぼ同一の問題)まで開示されているのです。実技はともかく、学科試験は普通にマジメに努力すれば合格するハズの試験なのです。

しかしながら・・・上記のような試験にも関わらず、赤点を取る人は、数名はいました。1つ2つは赤点をとっている人が多かった。は簡単とは言えども、「最低限の努力」はしないと赤点となる、そういう試験でした。

私も、赤点を2科目ほど覚悟をしていたので、ギリギリだったとは言えども、なんとか全教科パスしていたので、本当にホッとしました。すごく嬉しかったです。

とはいえ、脳に対する負荷、脳に対するダメージはそれなりに重たかった。試験後の2週間は、どうにも集中力に欠けておりました。工場実習で機械操作をする時に、メッチャ適当に操作をしてしまい、機械からケムリが出て先生に見つかる、という失態もやらかしました(笑)

(笑)って書いてますけど、まあ一瞬で金属を削り取るような機械なので、油断大敵なんですよ。やらかした直後、かなり自己嫌悪でした。先生も「こいつ、大丈夫か?」と思われたハズです。

まあこんな感じで、それなりに脳内ダメージも受けたのですが、2週間経過したことでようやく回復をしてきました。またブログも再開していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です