【TOEIC公式ボキャブラリーブック】手にとったが、買う気がしない。

Pocket

うつ病休職937日目です。3月にTOEIC受験以来、まったくTOEIC学習はしておりません。完全にストップしちゃいました。職業訓練校で、工学(その前提となる物理・数学)の勉強で、いっぱいいっぱい。とても英語どころでは、ありません。

ところで、まもなく 職業訓練で【定期考査】があります。 職業訓練なのに、定期テストがあるんですよ。すっごく嫌なのですが、合格点をとるまで追試があるらしく、勉強せざるを得ません。

職業訓練は工業系ですので、機械やら工学やらの勉強をしています。私は、「なにかの締切」が近づくと、他のことをやりたくなるという傾向が強いです。我ながら、困った性格です。

おそらくADHDの影響なのでしょうが、締切が近づくと多動性が発揮されて、ほかのことに意識がいってしまいます。今回も、本当は定期考査の勉強をしないといけないのに、なぜか英語に意識がいってます。

久しぶりにジュンク堂書店のTOEICコーナーに行きました。6月末に【公式ボキャブラリーブック】が発売されるのを、楽しみにしていたのです。3ヶ月ほどTOEIC学習から遠ざかっていましたが、公式ボキャブラリーブックをきっかけに、英語学習を再開しようかな・・・なんて期待しながら行きました。

【公式ボキャブラリーブック】はTOEICの運営団体が、本家本元が制作しているのです。嫌でも期待が高まります。どんだけすごい単語帳なんだろう・・・ワクワクしながら、手に取りました・・・

でも・・・まったく買う気が、しませんでした。いちいち理由は書きませんが、アマゾンのレビューを読んでもらえば、雰囲気が伝わると思います。ああ、ちなみに私はレビューは書いていません。

けっこう、残念な感じでした。でも、その代わりに、めっちゃイイ本を発見しました。【TOEIC公式問題集5】です。公式問題集の最新作です。これはイイ。この最新作の存在は、書店に行くまで、知りませんでした。迷わず買いました。

明日に続きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です