【便秘】あまりの苦痛にパニック!

Pocket

うつ病休職898日目です。今日のブログは便秘の話です。お食事時や飲食店での閲覧はご遠慮下さい。

・・・いやはや、便秘を甘く見ていました。今回はマジで地獄を見ました。うつ病とパニック障害で「死ぬことばかり考える」のも地獄ではありますが、極度の便秘もたまったものでは、ありません。あまりにひどくて、肛門の周辺が膨れ上がっておりました。私は日頃、前立腺肥大とか、まったく心配はないのですが、今回ばかりは前立腺のあたりも膨れ上がっている感じでした。

・・・地獄のスタートは、木曜日22時頃でした。もともと、私は便秘と下痢を繰り返す体質です。ストレスを感じると便秘になりやすいのです。しかし「あまり噛まずに飲み込むクセ」と「冷たい牛乳が好き」ということもあり、下痢もしやすい。

今回も、1週間くらい便秘が続いておりました。原因は間違いなく職業訓練校でしょう。今まで自宅ひきこもり状態だったのに、いきなり毎日7時間も訓練を受けるわけです。そりゃあストレスMAXに決まっています。便秘にも、なりますよ。しかも私はトイレが近いので、訓練校にいる時間帯は飲み物も控えめにしております。

さらに言えば、工場で工作機械を操作する実習があります。エアコンがないので、実習上は暑いのです。まだ5月ですが、エアコンがないのでじっとり汗ばむ感じです。教官も「各自、水分とって熱中症に気をつけてくださいね」と言います。口で言うだけで、実際は水分取るヒマは少ない・・・ただでさえストレスで便秘気味。トドメが工場実習での脱水症状。これで地獄の釜が開きました。

夜の22時。妻に「もう1週間くらい、出てないよ~」とぼやきながら、トイレに入る。出したいし、出そうだからトイレに行くのです。いくら座っても、まったく排便される気配がありません。諦めてトイレから出て、LAKUBI(ラクビ)という酪酸菌&ビフィズス菌のサプリを飲む。食物繊維のサプリで、数ヶ月前から飲んでいたのです。

ああ、そうだ。どうも最近は便秘がひどいと思い、食物繊維がたっぷり入った野菜ジュースとかたらふく飲んでいたのです。今おもえば、便秘がひどい時に、さらに食物繊維を過剰摂取したことで、肉体が限界を迎えたのかもしれません。むやみやたらに食物繊維を摂取するのは、危険な行為かもしれませんよ。

ともかく、便秘地獄の釜が開きました。トイレでいくら座っても出ない。でも、お腹は張っているし、出そうな感じはしている。でも出ない。肛門付近に、便が固まっている感じはわかります。なんだか肛門が開きっぱなしのような気がしております。しかし開いたのは地獄の釜で、残念ながら肛門ではなかった。この時点でも、さんざん苦しんでおりましたが、今思えばこのタイミングはまだまだ「地獄の入口」程度でした。

この時点で23時。妻が見るに見かねて「出ないものはしょうがないでしょ。先にお風呂でも入ったら?お腹を温めたら出るかもよ?」とアドバイス。それもそうだ。よし、とりあえず、風呂に入ろう。

私は湯船にゆったり浸かるのが好きなんです。7月8月を除き、毎日お風呂にゆったり浸かる。しかし、この日ばかりは様子が違いました。なんせ肛門が固まっているのです。普通に浴槽で寝そべることができません。しかたがないので横向きで浴槽に浸かってみました。

風呂から上がっても、一向に排便できる気配はありません。相変わらず、お腹は張っている。出そう・出したい・でも出ない。肛門周辺は、ますます盛り上がってきている。この時点で24時過ぎ。

妻は寝る時間となりました。「辛そうだね。ウォッシュレットで刺激すると良いかもよ?」とのアドバイス。これは、いいことを聞いた。さすが文明の利器。使えるものはなんでも使おう。というわけでウォッシュレットを使いまくります。

日頃は使わないのに、ここぞとばかりウォッシュレットの機能を試しまくる。水圧・湯量・温度・角度・ビデ・ムーブなど試す試す。試しながらも暇なものだからひたすらトイレで読書。

ウォッシュレットで刺激を続けるが、まったく排泄される気配はありません。私は、だんだんイライラしてきました。この時点で深夜25時。さすがに3時間もトイレに出入りしていると、足腰が疲れてきます。かなり不安を感じてきました。

お腹は苦しい。非常に苦しい。まさかこんなに便秘が辛いものだったなんて。人生で初の苦しみです。まったく排泄されそうにありません。トイレにずっといると、体が熱くなってきました。パンツを脱ぎ、シャツを脱ぎ、パジャマを脱ぎ・・・気が付けば、素っ裸でトイレに入っておりました。

トイレを出て、家の中を素っ裸で歩き回る私。肛門が開いているので、腰をかがめたような感じで歩き回る。誰が見ても変態にしか見えません。娘が起きてきたらどうしよう・・・そんな心配は一瞬だけ脳裏をよぎりますが、体裁を考える余裕はまったくありません。

状況はまったく変わらない。読書にも飽きたので、ナンプレを始めました。しかしこういう状況でナンプレを解いても、間違えてばかりで一向に解けない。歩き疲れてトイレに戻る。ウォッシュレットで、ひたすら肛門を刺激する・・・

努力の結果、ようやく少しだけ排泄できました。「どれどれ・・・」と便器の中を覗くと・・・1センチも出ていません。マジかよ・・・これ、全部を排泄するまでに、どれだけ時間がかかるんだよ・・・それでも、少しずつ少しずつ、排泄が進んでいるような感じがしておりました。

ひたすら読書をしながら、トイレでウォッシュレット。足腰が疲れたら歩き回る。この繰り返しです。しかし地獄の本番は、この後からスタートします。

ふとしたきっかけで、頭の中に恐怖がよぎりました。皆さん、お忘れかもしれませんが、私はパニック障害の当事者なのです。一度、恐怖がよぎると、脳内が恐怖で支配されるのです。この時点で26時くらいだったかな?ともかく、いてもたってもいられなくなって、妻を起こしに行きました。我ながら、本当に迷惑な夫です。

ああ、ブログ書くのに疲れたので、明日に続きます・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です