【即位の日】雅子さまの笑顔を見てホッとしました。

Pocket

うつ病休職876日目です。令和元年となりました!いよいよ新時代の幕開けですね!日頃はまったくテレビを見ない私ですが、【剣璽等承継の儀】及び【即位後朝見の儀】はしっかり見ましたよ!

とにかく、雅子さまの笑顔を見て、心からホッとしました。

雅子さまが適応障害を患っていらっしゃるのは、週刊誌やらウィキペディアやらで知っておりました。そして昨日の【退位礼正殿の儀】の雅子さまのご様子を見ながら、「大丈夫かな?無理してるんじゃないのかな?倒れたりしないかな?」と不安な気持ちで、一杯でした。

しかし今朝、皇居に向かう雅子さまのご様子(車の中から手を振っている)、明るい笑顔を見て、安堵しました。

私は、うつ病&パニック障害(&発達障害)の当事者ですので、なんと言いますか、他人事に感じることができず、自分のことのようにドキドキしておりました。

正直なことを言いますと、私は最近まで、皇室には関心のない人間でした。天皇陛下と雅子さまが結婚された当時、たぶん私は高校生でしたが、当時はまったく興味がなかった記憶があります。朝日小学生新聞→毎日小学生新聞→毎日新聞を読んでいたせいか、それとも日教組の偏向教育を受けたせいか、アスペルガーで文字どおりに受け取るせいか、わかりませんが「学校では人間は平等って教えるくせに、なんで皇室とかあるんだよ!」そんな考えのクソガキ左翼でした。

皇室のありがたさ、日本の国体・歴史・伝統・文化について本当の意味で目が覚めたのは、うつ病を発症して以降のことなのです。そういう意味では、うつ病の経験も決して無駄じゃなかったなと思います。

ともかく、精神障害を患っている当事者として、雅子さまの今朝の笑顔を見ることができたのは、本当に嬉しいことでした。ハーバード→外務省キャリア→皇后という雅子さまと、クソ田舎の冴えないオッサン(私)を並べて書くのも、心苦しく気恥ずかしいのですが、うつ病&パニックの当事者として、正直な素直な気持ちです。

元号が変わり【令和元年】となり、心機一転がんばるぞ!という方も多いかと思います。私も今年こそ復活したいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です