遅刻・欠席・早退は必ず電話連絡を!【職業訓練校】

Pocket

うつ病休職863日目です。今日は予定通り、2コマ(1コマ50分、休憩5分)遅刻して職業訓練校に行きます。

社会人の感覚では、当たり前ですが。職業訓練校でも「遅刻・欠席・早退は必ず電話連絡をしてください。そして届出書を書いてもらいます」と念を押されています。

私も、さっそく学校に電話しまして、遅刻のことを伝えました。「学校に到着したらすぐに教室に来てください。遅刻届けは昼休みとかでOKだよ」とのこと。

遅刻を決め込んだので、今朝はゆったりと身支度して、ブログまで書き始めました。体力的にも、メンタル的にも、時間にゆとりがあるというのは、本当にありがたいことです。

お世話になっているマッサージ店主のことを思い出した

ああ、そうだ。たまに行っている、近所のマッサージ屋さんも、うつ病の経験があります。彼が言うには「自分は、仕事をしながら治しましたよ。当時の勤務先の経営者がたまたま、うつ病経験者で、理解がある人だった。休みたい時は、好きに休んで良いという体制で仕事ができたので、働きながら治すことができました。」とのこと。

正直なところ、「それって、サラリーマンには無理だよな、うらやましいな~」と思っていました。でも、いま通っている職業訓練校は、ある程度の遅刻欠席は大丈夫なんですね。もちろん、休み過ぎると退校処分となってしまいますが。ああ、80%は出席しないと、いけません。

私は、「できるだけ休まずに、リハビリと思って、毎日学校に通うぞ!」このような気構えだったのですが、やはり無理でした。「ぼちぼちサボりながら、でも退校せずに、1年間しっかり通う」という作戦に変更しました。

目安としては、1週間あたり2~4コマはサボる。本来、1週間あたり5日×7コマ=35コマなので、出席率90%は維持する。このような作戦です。無理は、しない。

ああ、思い出した。サラリーマン時代を思い返すと、長く勤めている先輩社員は、皆さん休むのが上手でした。なんだかんだ理由をつけて、うまく休んでいました。私はクソ真面目なので、基本的には休まずに出勤していました。もっと、うまく休んでいたら、うつ病にもならなかったと思う。

時間で縛られ、サービス残業を強要されるサラリーマンは、うまくサボる、うまく休む方法を自ら編み出さないといけません。がんばりすぎると、うつ病になっちゃいますよ。

ともかく、1年間がんばって通う。社会復帰のために、うまく職業訓練を活用する。就職して、普通に働く。こんな感じで、あと2年~3年はかかると思いますが、うつ病を克服していきます。同じような境遇の方、一緒にがんばりましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です