うつ病&パニック障害だけど6年ぶりに満員電車に遭遇した

Pocket

うつ病休職857日目です。職業訓練に入校して2日目が終わりました。

6年ぶりの満員電車

初日はマイカーだったのですが、 2日目にして、久しぶりに満員電車の苦痛を味わいました。実に6年ぶりです。メーカー勤務時代、デザイン勤務時代、ずっとマイカー通勤でしたが、メーカー時代は営業マンとして全国に出張していましたので、東京の満員電車に遭遇することも多々ありました。

うつ病とパニック障害だけど満員電車は大丈夫だった

何度も書いていますが、2年4ヶ月、うつ病で引きこもりだったのです。しかもパニック障害も併発しています。満員電車に乗ることは、勇気がいりました。でも乗ってしまえば、特に問題もなく、大丈夫でした。

そもそも私のパニック障害は、「うつ病で安静が必要なのに、無理して長時間、人と会話した」これが原因で発症したのです。さらに言えば、うつ病は「慢性的睡眠不足と苦手なディレクションをがんばる」これが原因で発症したのです。営業行為、移動や満員電車という要素は、そもそも問題ではなかったのです。だから、大丈夫だったのだろうと推測しています。

私の前にいた女性が、可愛そうでした。女性の前に、背が高い男性がいて、リュックを背負っています。そのリュックが、女性の顔に直撃している・・・よっぽど男性に文句を言ってやろうかと思いましたが、言ったところで満員電車でだれも身動き取れないので、どうしようもない。他人の心配ができるぐらいなので、自分のメンタルは大丈夫だったのでしょう。

それにしても、満員電車は、乗り換えた後の1駅だけ、時間にして2分程度なので、たすかった。これが長時間になると、やっぱりメンタルに悪影響だったと思います。

職業訓練2日目もオリエンテーション

2日目もゆるーいオリエンテーションが続きます。防災や喫煙についての説明、傷害保険の説明、雇用保険関連の手続き、ロッカールーム案内、学習内容の概説、などなど。基本的に、座って話を聞くだけで、真面目に聞いているフリをするのがきつかった。先生の話し方が、ハキハキしていて眠たくなりにくいので、助かりました。

13時から主治医の診察を受ける

本当は、精神科主治医の診察は、来週金曜日の予定だったのです。ちょっとだけ早退する予定でした。しかし、初日・2日目は午前中だけで終わるということを知って、もし可能なら、早めに病院を終わらせたい、と思ったのです。たまたまタイミングよく13時に主治医の予約がとれラッキーでした。

・・・ぐったり疲れてしまい、ブログを書く体力もないので、今日はもう寝ます。続きは明日に・・・尻切れトンボでスミマセン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です