「これはアメリカを守るための戦いのみならず、人類文明のための戦いだ」 【必見】AGENDA

Pocket

うつ病休職854日目です。2日後の職業訓練校入校を控えて、どんよりメンタル下降気味でした。ゲームもナンプレも読書も飽きて、ネット検索していました。

いや~それにしても、インターネットってスゴイですね。検索してみるもんですね。面白い動画を発見しましたよ~。【アジェンダ】という映画の紹介ムービーで、日本語字幕アリです!字幕をつけて動画公開してくださっている方に感謝です。

【AGENDA】は、アメリカの政府関係者が共産主義の陰謀を晒していく映画です。アメリカも、共産主義者によってアメリカの伝統をぶち壊しにされており、ある意味、日本以上に深刻みたいですね。



そして続編である【AGENDA2】も公開されています。内容については、このリンクをクリックしてください。 今日のブログのタイトルにした「これはアメリカを守るための戦いのみならず、人類文明のための戦いだ」という言葉も、紹介されています。

「これはアメリカを守るための戦いのみならず、人類文明のための戦いだ」
このセリフって、ハリウッド映画の予告に頻出ですよね。個人的には「アメリカ!アメリカ!」うっとうしくて嫌いなんです。でも、この【AGENDA】と【AGENDA2】は、いかにアメリカが共産主義者によってぶち壊されてきているか、わかりやすく教えてくれる映画みたいですね。

アメリカでなぜトランプ大統領が誕生したのか。そして、なぜ中国共産党との対決が、支持されているのか。アメリカ人が、アメリカの伝統をぶち壊す共産主義者の存在を知ったから、というのも大きな要因だと思います。

アメリカの共産主義化は、日本にとって深刻なダメージとなります。日本は、国防の99%を(あえて99%と表現)在日米軍に依存している。万が一、中国系で共産党とズブズブの人間が、アメリカの大統領になったら・・・日本は悲惨なことになる、というか今度こそ日本が滅亡するのではないか?!

「万が一」と書きましたが、すでに過去、日本は「反日・親中・共産主義者」アメリカ大統領から、コテンパンにやられています。そうです、フランクリン・ルーズベルトです。ルーズベルトの時は、大日本帝国陸軍&海軍がありましたが、現在の日本には交戦権すら、ありません。考えただけでゾっとします。

フェミニスト・環境保護・同性愛・モラル破壊・政教分離・伝統破壊などなど、すべて共産主義者が仕掛けている。これは日本だけでなく、アメリカもまったく同様である。それどころか世界中で同じことをやっている。さすが共産主義、まったくもって見事な手腕です。

私は【AGENDA】と【AGENDA2】を見てみたい、しかし日本語の字幕or吹き替えは、あるのかな?アマゾンで検索するとDVD自体はあるけれど、アメリカの商品で字幕・吹き替えはないっぽいが、どうなのかな?私の英語力では、残念ながら字幕か吹き替えじゃないのと、理解できませ~ん。

平成も残り3週間となりました。令和の時代こそ、日本が復活して欲しい、そう願っています。なによりも、自分自身が復活して、ちゃんと仕事して、人の役に立つ人間になりたいと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です