【イチロー引退】を聞いて思うこと

Pocket

うつ病休職836日目です。

イチローが引退したんですね!スマホで知って、慌てて詳細を検索。気が付けばYouTubeで、イチローのプレー集に見入っておりました。

正直な話、私はそこまで野球に関心がありません。ぶっちゃけた話、チケットをもらっても、行く確率は30%くらいです。

そんな私ですが、イチローと、「プロ野球に営業に行くこと」は、大好きです。

◎平成が終わるなぁと感じた

平成も、およそ1ヶ月で終わりを迎えます。イチローが引退と聞いて、「ああ平成が終わるんだな」と感慨深い気持ちになりました。

私が小学校6年生の時に昭和天皇が崩御され、平成となったのですが、同じようなタイミングで手塚治虫や美空ひばりが亡くなりました。当時テレビで「昭和が終わった」と、象徴のように、取り上げられていたことを覚えています。

正直、小学生の私には、手塚治虫も美空ひばりも、興味なかったのですが。両親や祖父母が感慨深げにしていたことだけは覚えています。

イチローの引退も、同じようなインパクトを感じました。

◎発達障害の私は、球技全般どうしようもなく下手くそです。

小学生の頃はソフトボール大会に強制的に参加させられていました。

大会前は2ヶ月ほど、地域のガキが集まって練習するんですが、下手くそすぎる私にとって、これは本当に苦痛でした。

私が人並み以上に運動音痴、ということもありますが、少年野球をやっているような奴らが数人いまして、さらに差をつけられる。

本当に嫌でした。でも今思えば、ソフトボールや野球が下手くそな私のことを馬鹿にするわけでもなく、ヘタなりに、チームの一員として普通に接してくれていたなと思います。私が勝手にヒガミ根性で「いやなやつら」と思っていただけ、だったのかもしれません。

野球に限らず、サッカーもバドミントンもバスケットもバレーも卓球も、球技はすべて苦手です。発達障害の影響なのか、運動音痴なのか、立体把握力や動体視力が劣っているのか、わかりませんが複合的なものでしょう。

人並みにできるようになったスポーツは、空手だけでした。

◎一度、なまイチロー見たかったな

私が大学生の頃(1995~1999)、女性に「どんな男が好き?」と聞くと、イチローと答える人が多かった気がします。

当時オリックスのユニフォームに、「がんばろう神戸」というワッペンが付いているのが印象的でした。

野球には興味もなかったのですが、イチローのことは好きで、メジャーリーグに挑戦すると聞いたときも、素直に応援していました。

たまにテレビで、メジャーリーグ報道をやるとき、イチローが登場する場面だけは、見ていました。

一度、なまイチローを見たかったです。

イチローは過去に国民栄誉賞を辞退しているらしいですが、イチローほど国民栄誉賞が似合う人は、いないと思います。

イチローに限りませんが、欧米で活躍するスポーツ選手のおかげで、日本人のマナーや礼儀作法(お辞儀)などが、前向きに捉えられるようになり、本当にありがたいことだなと感じています。

◎プロ野球への営業に関して

野球には興味ない人間ですが、「プロ野球」という組織に対しての新規開拓営業は、大いに興味ありまくりで、めっちゃがんばりました。初めての飛び込み営業から、受注まで2年2ヶ月くらい、かかった記憶があります。大変だっただけに、一番の思い出となっています。

私のブログを読むと、どの球団に営業に行っていたのか、推測できると思いますが、あえてチーム名やプロジェクト名は、書きません。守秘義務とかもあるので、元・勤務先に迷惑かけるわけにもいかないですし。ただ、飛び込み営業・テレアポからスタートして、いかにしてプロ野球と直接取引できるようになったのか、そういう経緯や裏話くらいなら、書いても問題ないかと思っています。日時を改めて、この件を書き進めます。

・・・

ともかく、イチロー選手、本当にお疲れ様でした! 最後まで、とてもかっこよかったです! 感謝です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です