リーディングは11回目で終わりにする、かも。

Pocket

うつ病休職804日目です。TOEIC受験日まで、残り20日。

月日が経過するのは早いですね。つい最近まで、お正月気分だったのですが、気が付けば2月も後半となりました。

今日はレンタルDVD【クリード】を鑑賞していました。ちなみに先週、映画館でみたのは【クリード2】です。

◎TOEIC公式問題集リーディング11回目

14日~17日までの4日間で、11回目を行いました。

1~9回目までは、誤答部分は無視していたのですが、今回は「誤答を含めたすべての選択肢を読む」という目標で、リーディング学習を行いました。

今回もタイムアタックをしたのですが、驚愕の悪い結果となりました。まあ、ある程度は予想していましたが、トホホな結果です・・・

前々回(7回目)のタイムアタック → 前回(9回目)のタイムアタック → 今回(11回目)のタイムアタック

  • 【1巻】TEST1 90分→54分→85分
  • 【1巻】TEST2 120分→56分→89分
  • 【2巻】TEST1 90分→60分→80分
  • 【2巻】TEST2 90分→68分→96分
  • 【3巻】TEST1 90分→54分→94分
  • 【3巻】TEST2 150分→62分→113分
  • 【4巻】TEST1 75分→56分→87分
  • 【4巻】TEST2 105分→57分→81分

うーむ。リーディングの試験時間は75分しかないのに。やっばいなあ・・・どうしよう・・・

◎時間がかかった要因

  1. メンタル、疲労、中だるみ
  2. いちいち日本語を確認しながら読む
  3. ついつい解説も読んでしまう

まあ言い訳しても、仕方ないんですけどね。この調子だと、リーディングは解けない問題がたくさん残り、むなしく「塗り絵(マークシートを適当に塗る)」という問題が多くなりそうです。

誤答部分に登場する単語や表現を覚えてしまえば、75分を切ることは可能・・・だと思います。

しかしTOEIC受験まで残り20日しかない。この20日間は、文法とリスニングに時間を費やさないと、ヤバイ。この3ヶ月間、長文読解ばかりやってきたせいで、文法とリスニングが完全におろそかになってしまった(ディクテーションだけは、継続しており、明日で区切りを迎える予定です)。

まあ、でも仕方がないですね。これが現状。努力の結果。

リスニングと文法がおろそかになったことを一瞬後悔しましたが、それでも長文読解をがんばって、良かったと思います。リーディング学習を開始した11月のことを思い返せば、かなりの進歩です。

◎今日を含めてラスト20日。

本音を言えば、リーディング誤答部分を含めて制限時間内にすべて読み切る、タイムアタックの努力をしたいです。でも、これ以上リーディングに時間を割くと、文法とリスニングが穴だらけになってしまう。

文法は、ロクにやっていないから今更しかたないとしても、リスニングはそこそこがんばってきたし、ディクテーションも継続した来た。やはりリスニングの復習が、大事だと思っています。

でも具体的な学習プランは考えられていません。

◎本日の学習時間

今日はディクテーションをがんばりました。実に、2時間30分。その後に文法を90分。合計4時間です。

明日でディクテーションは、区切りが付きます。明日の記事はディクテーションで決まりだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です