なくよウグイス平安京~語呂合わせって便利ですよね~

Pocket

うつ病休職794日目です。

794年といえば、【な・く・よ(7・9・4)ウグイス平安京】。語呂合わせで、年号とか覚えましたよね~。懐かしい~。

と、懐かしがっている場合ではない。我が家では、娘の進路をどうするのか、夜な夜な夫婦会議が開かれています。

【女ごころと秋の空】こちらは語呂合わせでもなんでもありませんが。もう本当に、毎日のように変動しまくる妻の心。それもこれも、すべては甲斐性のない(稼ぎのない)ロクデナシ夫の私のせいでございます。

家事に育児に仕事に、うつ病夫の世話、親の相手、学校行事と、すべて妻に負担させている私。もう、ほんとスミマセン、穴があったら入りたいです。あ、そういえば足元に穴が(食糧庫)があったな。穴に入ってみようかな。なんて茶化したこと書いている場合ではない。

堂々巡りになっているのは、こんな感じです。

  1. 地元の中学校にだけは進学させたくない(私の母校なんですけどね)。
  2. 評判のよい公立中学に入学させるには転居を伴う(マイホームが足かせ)。
  3. 私立中学に進学させてあげたい(長女は大人しいので女子校に入れたい)。
  4. 進学塾に入れる負担も重たい。
  5. 娘2名が2学年違いだから学費の負担が重たい。
  6. 中学校で息切れして大学生のころに金欠になったら意味がない。
  7. うつ病の夫は、来年3月に失業保険が切れたら、無職。
  8. 夫が就職したとして、どれくらい仕事できるのか(いくら稼げるのか)未知数。
  9. 夫が無理して、うつ病再発したら目も当てられない。
  10. 高望みせず、普通に公立中学→公立高校で良いじゃないか。

まだ他にあるような気がしますが、だいたいこんな感じです。さらに上記に「子供の気持ち」が加わると、もうわけがわかんない。もう本当に堂々巡り。

でも、ご覧の通り、ほとんど金が絡む問題ばかりです。ぶっちゃけて言えば、金で解決できる問題ばかり。もう本当に、ふがいない父親・夫で申し訳ないって感じです。

「進学塾から資料が届く・ママ友の話を聞く・本を読む・・etc・・」等々、なにか刺激を受けるたびに、妻の心は揺れ動く。妻が動けば、私も動く。私は発達障害の当事者ですが、妻の変動ぶりを見ていると「君も多動じゃないのか」と突っ込みたくもなります。

まあ、私達のような極端な家庭ばかりではないでしょうが、お子さんをお持ちのご家庭では、大なり小なり、進学・教育のことで頭を悩ませていらっしゃるかと思います。

◎今のところ有力候補

ネットで調べていると、「隣の隣の町」に、めっちゃ評判の良い公立中学校がありました。車で20分くらいの距離です。

【中学校の近くで安めのマンションを借りて、この中学校に通わせ、高校も公立に行ってもらう。大学に行くころには夫も元気に稼いでくれるハズ。】

これでいこう!という感じでした。これが3日前の有力候補です。

その後、二転三転しまして、今日の有力候補は・・・なんだったかな?・・・進学塾の春季講習だったかな?

・・・まあいいや、ちょっと疲れたので、この話題はやめよう。

◎本日の学習時間

気が付けばTOEIC受験まで残り30日となりました。今日の学習時間は5時間でした。

  • リーディング 2時間30分
  • リスニング 2時間30分

もう少し勉強したい、勉強しなきゃ、そう思うのですが、なかなか勉強時間が伸びません。

まあ、継続できているだけでも、良しとしよう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です