【ディクテーション】初めてやってみた。

Pocket

うつ病休職767日目です。

この2日間、初めて【ディクテーション】をやってみました。

ディクテーションとは、「英文を聴きながら、その内容を書く。スクリプトは見ない。」という修行、じゃなかった英語学習法です。

利用した英文は、もちろんTOEIC公式問題集のリスニングパートです。

◎ふと「何度もCD聴いているけど、本当に聴きとれているのかな?」と疑問に感じた。

昨年9月・10月と2ヶ月かけて、4冊の公式問題集のPart3とPart4ばかり、やっていました。おかげで、内容は頭に入った(つもり)。CDを聞けば、内容は(ある程度)わかる。

11月と12月はリーディングメインだったけど、忘れない程度にリスニングもやっていました。といってもスクリプト読みながらCDを聞いていただけですが。

でも、スクリプトなしで聞くと、「あれ?今のなんて言ったのかな?」という部分は、まだまだたくさんある、そういう状態です。

ふと疑問に感じたのです。「これだけ聴いてても、聴き取れない箇所がたくさんある。ということは、このままおなじこと続けても、永遠に聴き取れないってことじゃないのかな?そろそろ別の努力をしないといけないのでは?」そんな気分になったのです。

ネットで検索すると、TOEIC関連のブログやWEBがたくさん、出てきます。何気なく読んでいると、どうやら「ディクテーションで、聴き取れないところを発見して、聴き取れるように弱点を克服する努力をするべし」このように書いてあります。

「なんとなく学習していてもスコアは上がらない。」このように、はっきり書いてあります。

それどころか、「どれくらい公式問題集の音声を聴き取れるか、その割合を見ればスコアは予想できる」と書いてあります。

まあ、早い話がネットで検索して、その気になってディクテーションをやってみた次第です。我ながら単純すぎる人間です。

◎10分~20分ディクテーションして、答え合わせ

ディクテーションも、手書きで書くのとタイピングするのと2種類のやり方がありますが、私はタイピングしてみました。

手書きもやってみたけど、タイピングの方が好き。手書きは嫌いなのです。

やってみてわかったけど、とにかく喋るスピードについていけない、ディクテーションするのに15分くらい普通にかかりました。

「もうこれ以上、いくら聞いてもわからないよ」というところまでは、聴いていません。飽きっぽいので、そこまで集中力が持たない。

「もう飽きたな、答え合わせしようかな」と思う程度には聴き込んでいます。

正直、何度きいても、わからない部分は、わからない。

答え合わせしてスッキリして、次の問題に行く。本当は、間違えた部分を復習するのがよいのでしょうが、その気分になれなくて次にいってしまう。

自分の学習上の欠点は「暗記をしない・復習をしない」ことにある、自分でわかっているのですが、改善できていない。

でも、あまり無理をしても勉強自体が嫌になるので、ボチボチやっています。

◎ディクテーションだけで2時間やってみた。

昨日と今日、ディクテーションだけで2時間ずつ、やりました。

このペースでやれたと仮定すれば、2月2日までに4冊の公式問題集を、一通りディクテーションできる計算です。→【1月24日追記;とてもじゃないけど、このペースで毎日やるのは無理でした。3月10日までに4冊分を終わらせることを目標に、下方修正しました。】

ふう・・・たくさんあるなあ・・・

でも、ディクテーションって達成感があります。「オレ勉強がんばっているじゃん、えらいえらい」と自分を褒めてあげたくなる。

リーディングの勉強で2時間、リスニングの勉強としてディクテーションで2時間、合計4時間。

これを、今月の目標として頑張っていきます。

2月になったら、毎日6時間くらい勉強したいと思います。これくらいやっておかないと、4月からの職業訓練校についていけないと思うので・・・

リハビリと思って、なんとか、がんばります。

絶対に、社会復帰、する。

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です