お薬を毎日3錠のむようになって2週間が経過

Pocket

うつ病休職764日目です。

今朝、妻が「旗持ち」当番でブツブツ言いながら外出していました。

小学生の保護者が、横断歩道で旗を持って誘導するアレです。

妻の偉いところは、近所付き合い「じんましんがでるくらい大嫌い」なくせに、PTAの係など、ちゃんと引き受ける所です。

地元の「子ども会」は任意なので入っていませんが、小学校から協力を促されたことは、ちゃんと役割をこなしています。

えらいなあ。いつもありがとう。

私は「発狂するくらい近所付き合い・親戚付き合いが苦手」なので、なんだかんだ言いながらも近所・親戚・学校とコミュニケーションとってくれる妻の存在は、とてつもなく大きいです。感謝感謝。

◎薬を1日3錠のむようになって2週間が経過した

さて、お薬「グランダキシン」を1日3回のむようになって、2週間が経過しました。

お薬を処方された当初は、1日3回だったのですが、私の希望で1日2回に減らしてもらいました。

「地獄の冬休み」を迎えてメンタル崩壊が怖いので、1日3回に戻してもらった、という経緯です。

ほぼ毎日、忘れることなく3錠づつ服薬しています。

「目まい」が起こりやすいのいは相変わらずですが、それ以外の副作用は感じていません。

お薬が効いている間はイライラすることも減り、薬が効いていることを実感しています。

ただ、薬効が切れたタイミングは、心身ともにグッタリすることが多いです。

◎グランダキシンの薬効を実感するタイミング

もともとこの薬は、自律神経に働きかける薬では「極弱」に分類されています。同種のお薬の中でも最も弱い。

でも私には十分効いています。なにより強烈なフラッシュバックが発生しなくなった、これはとても楽です。

薬効を実感するタイミングですが、お薬を飲んで1時間~3時間の2時間だけ、「薬が効いているなぁ楽だなぁ」と感じます。もちろんその日の体調や天候、疲れ具合にも左右されますが。

お薬飲んで3時間くらい経過すると、「ふつう」に戻ります。4時間くらい経過すると、イライラしたり軽いフラッシュバックが出たりします。

薬効が切れたタイミングで、子供の相手をすると滅茶苦茶イライラします。

◎薬を飲む時間帯を工夫してみた

本来、朝・昼・夜の食後に服薬するよう処方されています。

しかしグランダキシンは「極弱」で薬効を実感できる時間も短く、そして私のライフスタイルに合わないので、時間帯を(多少)カスタマイズしてみました。食後90分後くらいに薬を飲んでいるので、もはや「食後」ではないような気もしていますが、まあいいや。

「天候・気圧」と、「子供の相手」という2つの苦しみを緩和することを念頭に試行錯誤した結果、下記がベストだと感じています。

朝の薬は0930頃。

昼の薬は1430頃。

夜の薬は1930頃。

これくらいの時間にお薬を飲むのがベストのように感じています。

今日のブログは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です