公式問題集4冊だけでTOEICに挑戦

Pocket

うつ病休職752日目です。昨日に続けて、TOEICネタです。

日頃、私がやっているお勉強の内容です。

◎使用テキストは公式問題集1~4のみ

【公式TOEIC Listening&Reading 問題集】の1巻~4巻だけ、やっています。1巻につきテスト2回分が収録されてあるので、ボリュームとしてはテスト8回分です。ちなみに4巻は、2019年10月に発売されたばかりです。

勉強法としては、書籍【40歳オーバーでニート状態だったぼくが初めてTOEICを受けていきなり930点を取って人生を劇的に変えた、効果絶大な英語勉強法】を参考にしています。これは一言で言えば「TOEICは公式テキストだけでOK」という勉強法です。

他のTOEIC本を買ったり、借りたり、書店で立ち読みしたり、することもありますが、基本的には公式テキストのみで勉強しています。というか、公式テキスト以外をやる余裕は、まったくありません。時間はありますが、気力がありません。

◎9月10月はリスニングだけで終わった

リスニングの山場は、Part3とPart4です。

Part3が13問×8回=104問

Part4が10問×8回=80問

合計184問。日本語訳を理解した上で、英文スクリプトを読みながらCDを聴く。これだけで2ヶ月かかりました。ほぼ毎日やっていたので、平均90分の学習だとして、90分×60日=5400分。最低でも90時間はやっています。

「英文スクリプトを読まなくても、音声を聴くだけで意味がわかる状態」を目指して、何度も何度も繰り返していました。完全ではないけど、ある程度はわかるようになりました。

ちなみにPart1とPart2は、ちょっとだけしか、やれていません。Part3とPart4をまわすだけで、いっぱいいっぱいでした。

9月と10月は、リスニングしかやっていません。とてもじゃないけど、リーディングをやる気力すらなかったです。

11月からリーディングの勉強を開始したのですが、現在も毎日20問~30問程度は英文スクリプト読みながらCD聴いています。

◎11月からリーディングを開始した

やっていることは、「まず日本語を読む→英文を読む」これだけです。

年内に、3回まわすことを目標にやってきて、今のところ予定通りに進んでいます。

予定通りと書きましたが、初見のPart7はボリュームがあって気が滅入る・・・よく挫折せずに、続けられたなと思います。

1回目は、リーディングテスト1回分を読むだけで、3日(3時間)かかりました。

  1.  1回目→3日×8回分→24日間
  2.  2回目→2日×8回分→16日間
  3.  3回目→2日×8回分→16日間

11月と12月で、合計56日間(合計90時間くらい?)は、リーディングに取り組んできた計算になります(まだ終わっていませんが)。

さすがに3回目になると、ようやく慣れてきました。慣れたといっても「日本語訳を読むことに慣れた」レベルなんですけどね(笑)

まもなく4回目に入るのですが、この段階でようやく「英文を読む→わからない所だけ日本語で確認」というのが、できそうです。

◎英文法が習得できていない状態

私の(昨年11月、初受験時)TOEICスコア505というのは、「英文法が習得できていないレベル」だそうです。まあ、そうだよな・・・英文法は、正直、中学レベルです。なんせ高校時代はロクに勉強してませんでしたので・・・

リーディングのお勉強、Part5(文法)からやるか、Part7(長文読解)からやるか、悩みましたが、先にリーディング「全体」を3回まわすことを優先しました。

私にとって、英文法以上に、長文読解がウンザリの対象だったのです。

「長文読解を後に回すと、間違いなく挫折するな・・・」そんな予感がしたのです。

受験までに、長文読解をテスト8回分、英文スラスラ読めるレベルを目指しています。あと5回くらいまわせば、なんとかなるかな?

英文法は、調子が良い時に少しずつやる。そしてテスト直前に詰め込む。

◎3月10日受験を目指しているが

今のところ、3月10日に2度目のTOEIC受験を目指しています。

しかし準備が追いついていない実感が。

申し込み締切が、1月29日なので、それまでの進捗で、受験するか否かを考えよう。こんな感じです。

本当なら、先に受験日を決めて、ガツガツ勉強するのが本筋なんだと思います。しかし、無理するのは怖い。うつ病悪化&パニック再発だけは避けたいので、現状維持でボチボチとやっていきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です