書評を書くときの舞台裏を。・・・早く【AI白書2019】を読みたいなあ。

Pocket

うつ病休職738日目です。

最近、マンガを買うことが増えました。

「進撃の巨人」「ハンターハンター」「ちはやふる」「キングダム」「AIの遺伝子」など

レンタルして面白かった本は、最新刊が待ちきれなくて買ってしまう。

来週発売の「ゴールデンカムイ」も楽しみです。

ブログって、毎日書いていると、ネタに困りますよね。

特に私のように、毎日なにもせず、引きこもり人間にとっては困難です。

実際、書評を書くくらいしか、ネタがないな~。

書評もAmazonのアフィリエイトのリンクとか貼れば、多少はお小遣いになるらしいが、

うつ病のせいか、Amazonアフィリエイトを設定する気力も湧いてこない・・・

◎書評を書く時の舞台裏

実は書評を書く本って、図書館で借りてきた本が多かったりします。

借りてきたら、2週間後には返却しないといけない。

返す前に備忘録として書評に残しておくか・・・といった感じです。

購入した本は、手元にありますので、書評を書く事はあまりない。

本当は、優先順位的には購入した本を紹介すべきなのでしょうが・・・

これが実態です。スミマセン。

◎ジュンク堂書店で読破した本は数え切れない

スミマセンついでに、ジュンク堂書店で立ち読みならぬ「座り読み」が大好きです。

ジュンク堂で読破した本は、数え切れません。買わずに読了した本が多すぎます。

先日は現職福岡市長の初著書【福岡市を経営する】を座って全部読んでしまいました(めちゃ良書です。ものすごい努力家だし先見の明、行動力がすごい。買っても良いと本気で思った)・・・

ジュンク堂書店さん、スミマセン・・・

でもジュンク堂のクレジットカード作って3年くらい愛用した(紛失した)し、

hontoカードも作ったし、できるだけジュンク堂で買うようにしているので、許してください。

僕はジュンク堂書店がなくなったら、生きていけません。

いろんな書店に行きますが、ジュンク堂が一番好きです。

最近は「座り読み」できる書店も増えましたが、元祖はジュンク堂ですよね。

ジュンク堂で、テーブルと椅子のある座り読みコーナーを、初めて見たとき「なんて素敵な!」と感激!

可能ならジュンク堂の社員になりたいな~なんて思っています。

あ~そういえば、妻と初対面の日に、ジュンク堂に立ち寄ったこと思い出すな~

でも彼女を先に帰らせて、本選びに夢中・・・今思えば、アスペルガー丸出しで恥ずかしい。

◎私は、図書館と書店が大好き

もうホントに活字がないと生きていけないのです。

音楽もテレビも映画も必要ない、本さえあれば生きていける。それが私です。

前もブログに書きましたが、近隣の図書館の利用カード、10枚くらい持っています。

気になった本は、「カーリル」で、どこの図書館で貸出可能か調べて、すぐに行く。そして「ついでに」10冊くらい借りる。

こうして、我が家には常に30冊程度の図書館の本が、置いてあります。

そして、さらに気になった本をネットで調べ、書店や図書館に行く・・・

無限に続くループです。この無限ループが、僕の幸せです。

もはや「目次」「まえがき」で、本の内容があらかた予想できるという、司書のような境地、かもしれない。

まあ、何が言いたいかと言いますと、図書館から借りる際にも、それなりに吟味して借りている。

「ブログで紹介する時は、いいなと思った本を紹介してますよ」と言いたかった次第です。

ああ、そうだそうだ、新婚当時は福岡県立図書館の近くに住んでいたので、ベビーカー押しながら図書館に行くのが週末の楽しみでした。

今は郊外に引っ越してしまったで・・・ジュンク堂が遠い・・・引っ越したい・・・

◎AI白書2019を早く読みたい

先日、ジュンク堂に行った時は、まだ入荷されてなかったのです・・・

【AI白書2017】を借りて、とても良かったので、【AI白書2019】も楽しみにしています。

ネットで検索したら、もう店頭に入荷されたようなので、早く買いに行きたい。

もちろんジュンク堂で買いますよ~!

ちなみに今現在も【AI白書2017】を借りています。書評も、過去に3回、書いてます。

・AIと発達障害 リンクはコチラ

・AI時代の人材論(前編)リンクはコチラ

・AI時代の人材論(後編)リンクはコチラ

近い将来、精神障害・発達障害の悩みは、人工知能が解決してくれる。

そう信じて、前を向いて行こうではありませんか!!

AIが普及した頃には、「こだわりの強さ」を持つ発達障害の人間が、活躍できる日がやってくると信じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です