うつ病休職730日目。丸2年が経過しました。

Pocket

うつ病休職730日目です。

365日×2年=730日。

ついにやってきました、2周年♪

いやーめでたいめでたい。なにかお祝いしないとな。

でも、なにも、祝う要素がありません・・・

いや、自殺せずに生きていただけでも、祝っておこう。

生まれてきただけで、ありがたい。

生き延びているだけで、ありがたい。

妻と子供がいるだけで、ありがたい。

住む家があるだけで、ありがたい。

おめでとう、自分!(笑)

まあ実際、無事に生まれてきて(脱腸&発達障害だったが)、体が健康で(心は病んでるが)、なんとか生きていて(引きこもりだが)、妻と子供がいて(パパ臭いと言われるが)、住む家がある(実家の隣でメンタル不全だが)。

よく考えれば、有り難いことでございます。

死産難産、不治の病、不慮の事故、家族の死、天災、破産倒産・・・で、大切なものを失った方々。

そして海外のスラム街で生まれたような子供たち。さらに難民の皆さん。

そのような方々に想いを馳せると、いま自分の現状が、大変ありがたいことだと実感します。

日頃、不平不満を言って申し訳ないです。

マジメな話、私は傲慢で横着な人間です。発達障害のくせに、いや発達障害だからなのか、わかりませんが。

うつ病になって始めて、自分の言動を、反省する機会に恵まれました。それまではいつも「他人のせい」でした。

そしてパニック障害を併発して始めて、障害者の気持ちが、痛いほど理解できるようになりました。

今思えば、うつ病になったのは天が下した当然の帰結だったのかもしれません。

・・・おっと。気が付けば加藤諦三先生ぽい反省文になってきたような、違うような。

これは、うつ病がもうすぐ治るサインかな?いや、そんなに甘いわけないか。

うつ病発症当時は、2ヶ月の休職だけで、復職するつもりでした。自分の案件を引き継いでくれた同僚に、申し訳ないなと思っていました。

しかし気づけば2年も経過し、会社も退職してしまった。娘がいつのまにか小学生になった。

2年間という月日は、大変ながく、重たいものだと感じます。

しかし、うつ病となった私の感覚では、「ホントに2年も経ったの?」まったく信じられない気持ちです。

自分が、普通に仕事をしていた頃も思い出せないし、うつ病になる前の自分に戻ることもないのでしょう。

漫画「ツレうつ」を読んでも、うつ病が治ったツレさんは別人になったと書いてあったし。

私も「うつ病を経験したことで強く・優しくなれました」なんてカッコイイこと言えるようになりたいし、はやく治ってほしいと願っています。

◎いつまで「うつ病休職~日目です」と言うのか

職業訓練校の入試結果は来週ですが、おそらく合格でしょう。職業訓練校に入った時点で、休職とは言えないかな?

いやそもそも、「退職」したから「休職」じゃないよ、それは「無職」だろ?そんなツッコミも聞こえてきそうです。

うーむ。

「うつ病リハビリ~日目です」と言えば良いのか?

「うつ病復職」なのか「うつ病復活」なのか?

うーむ。

悩むなあ。

ホントどうでもいいけど、悩みます。

とりあえず、社会復帰するまでは現状のまま「うつ病休職~日目」で行こう。

実際、完全に治ったと言える状態ではないし、いま働き始めたら、またパニック障害になりそうだし怖すぎる。

というわけで、職業訓練校を卒業するタイミング(2020年3月)までは、現状のまま日数をカウントしようかな。

ゾロ目が好きなので、「うつ病休職1111日目」くらいまで引っ張りたいなと思ったりしています。

というわけで、自分への負荷を増やし鍛えつつ、もう少し時間を稼ぎ、完全復活に向け努力してまいります。

◎必ず、治る

うつ病は死に直結する恐ろしい病気。

でも、生きていれば、必ず治る病気。

とにかく生き延びる。死ぬな。

そう思い続けて2年。

かわいい娘がいるのに、死んでたまるか。

孫の顔を見るまで、絶対に死なない!

孫を抱くまで、死んでたまるか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です