【書評】機械学習エンジニアになりたい人のための本

Pocket

うつ病休職719日目です。今日も書評です。

ぶっちゃけた話、毎日ブログ書くネタってなかなか見つからない。

なんせ無職・ひきこもり・ヒモ状態ですから。

私は映画も見ないので、書評を書くくらいしかネタがないんですよ。

いちおう、発達障害・うつ病の人にとって役に立ちそうな本をセレクトしているつもりです(そうでない時も、多いですが)。

今日は、この本です。

【機械学習エンジニアになりたい人のための本/石井大輔著/翔泳社】

著者のWEBはコチラです。

下記リンクは、著者が立ち上げた、日本最大級の機械学習研究会コミュニティ【Team AI】です。

私は人工知能(AI)、機械学習のことはシロウトです。でも、人工知能・機械学習・データに関する仕事は、発達障害当事者でも活躍できる可能性があるのではないかなと感じています。

◎本書の良い点

初心者が機械学習エンジニアになるためのロードマップが、懇切丁寧に紹介されてあります。

具体的には、仕事内容・必要な知識レベル・なるための勉強法・採用されるための履歴書の書き方など。

また関連資格や参考文献、参考WEBサイトがたくさん紹介されています。

さらに現在、機械学習エンジニアとして活躍されている方のインタビューも掲載、どのようにして学習したのか、というのは興味深いです。

人工知能の入門書は多々ありますが、「具体的に何から勉強すればよいのかわからない」という人は(私もそうですが)、本書を読むと大変参考になると思います。

今日のブログでは、関連資格・参考文献・参考WEBを紹介していきます。

◎関連資格

・日本ディープラーニング協会が実施する、「G検定」と「E検定」

・Pythonエンジニア育成推進協会が実施する、「Python3 エンジニア認定基礎試験」

(Pythonはパイソンと読みます、プログラミング言語です)

・日本統計学会が実施する、「統計検定4級~1級」

◎参考文献

初級者・中級者・上級者のレベル別に読んでおくべき書籍が9冊、紹介されています。

タイトルだけ列挙しますので、詳細はAmazonで確認してください。

・初級者向け

  • 人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの
  • 60分でわかる!機械学習&ディープラーニング超入門
  • データサイエンティスト養成読本 機械学習入門編

・中級者向け

  • ゼロから作るDeep Learning Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装
  • 仕事ではじめる機械学習
  • ゼロからはじめるデータサイエンス Pythonで学ぶ基本と実践
  • 線形代数キャンパス・ゼミ 改訂6

・上級者向け

  • はじめてのパターン認識
  • 第2版 Python機械学習プログラミング 達人データサイエンティストによる理論と実践

◎参考になるブログ等

紹介したいこと、まだまだたくさん、ありますが、ちょっと疲れたので翌日にまわします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です