雇用保険の初回認定日で燃え尽きた・・・

Pocket

うつ病休職675日目です。

数日前のブログで「メンタル順調」なんて書きましたが・・・

やはり、まだまだ苦難の日々は続きます。

◎精神科通院とハローワークを同日に設定し、燃え尽きる

これホント、やめとけばよかったです。

私が通っている精神科と、ハローワークは、地下鉄で一駅の距離。

これだけ近いと、「一度に済ませちゃえ」と思うのが人情ですよね。

10月10日がハローワークの「初回認定日」だったのですが、調子に乗って同日に、診察の予約を入れたのです。

最近メンタルも好調なので、大丈夫さ・・・という見通しが、甘かった。

タイミング悪く、当日は朝から雨でした。

「おいおい10月10日が体育の日になったのは、過去の記録から、この日が晴天になる確率が高いから、東京オリンピックの開会式に設定されたとかいう話はウソだったのかよ~」と嘆くが、そのあとに「あ、そうか、そもそも東京の話か。ここは九州だった・・・」と自分でツッコミを入れて凹む。

◎主治医は、私が元気ないと優しい

ハローワークの前に、精神科だったのですが、主治医と会っている間にもメンタル凹む。

いつも、お茶目でジョーク好きな主治医も、私が元気ないと、さすがに優しい。

「ハローワーク通いも慣れるまではしんどいらしいですね。職業訓練受けたり、障害年金という手段もあるので、のんびりいきましょうね」

と妙に優しいモードの主治医でした。

私が「最近、めまいが頻繁に起きるんです」というと、

主治医「あー退職や、雇用保険やら、いろいろ考えて脳が疲弊しているんですよ・・・ちなみにどんな時に?」

私「普通に横になる時や、寝返りする時です。」

主治医「あーそれは僕は苦手だな~(精神科の領域じゃねえよ、耳鼻科に行けよ、という主治医の心の声が聞こえる。)・・・横になっている時ならケガとかしないから安心ですね。」

私「確かに退職を意識するようになってから、頻繁にめまいが発生しています」

◎ハローワークの初回認定日

はじめて体験することって、ホント疲れます。

私は元々、新しいことや初体験のことは、けっこう好きなんです。

ADHDの多動性が刺激されるのでしょう。

でも、うつ病になってからは、とことん苦手になりました。

ハローワークの初回認定日って、なにをするのかよくわからんし、待ち合わせスペースも狭くてギュウギュウ。

指定された時間に行っても20分くらい待たされた。待ち時間はホントに苦痛です。

障害者専門の部署だけあって、身体障害・精神障害らしき人だらけ。(当たり前か)

担当者に呼ばれてからは、5分~10分くらいで、すぐ終わりました。

認定日から10日以内に、振込まれるそうです。ありがたい制度ですね。

◎雇用保険受け取れるのは最大300日

私は自己都合で退職したのですが、雇用保険の「待機期間」は発生していません。

ずっと病気で休職していたので、すぐに雇用保険(失業保険)が支給されます。

「障害者手帳があること」「5年以上勤務したこと」「年齢」この3つの要件から、最大300日となっています。

しかも雇用保険は給料の約7割が支給される。傷病手当金は給料の6割程度だったので、比較するとちょっと増えている。

ハローワークに毎月通う(障害者は月に1度で良い)必要があるとは言え、最大で10ヶ月、雇用保険を受け取ることができるというのは、やはり大きな安心です。

何度か書いていますが、私は何度も転職しているクセに、雇用保険を受け取るのはこれが初めてなんです。ありがたい制度ですね・・・

◎燃え尽きた影響か、体重も減った。

ハローワーク&精神科の当日と、翌日は燃え尽きてしまいました。

ひたすらレトロゲームに没頭し、ようやくブログ書ける程度には回復しました。

食欲もなく、体重を計ると77キロに。

ダイエットを開始して2週間ほど経ちますが、2週間で82キロ→77キロ、マイナス5キロの減量です。

今度こそリバウンドしないように、運動すること、外食禁止することを心がけ、ダイエット成功に向けて頑張ります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です