ファスティング・ダイエット(1日目&2日目)

Pocket

うつ病休職665日目です。

ファスティング・ダイエットの経過報告です。

◆ファスティング・ダイエット1日目

◎ファスティング初日が最大の難関

何度もファスティングを経験していますので、確信をもって言えます。

ファスティングの最大の難関は、初日です。

数日間なにも食べなかったからと言って、死ぬわけではなりません。

むしろ心身ともに軽くなる、(3日目以降は気分がよくなる)、それがファスティング。

そうは言っても、お腹へった感じ、空腹感は隠せません。

「あ~お腹減ったよ~食べたいよ~」という気持ちを、いかに誤魔化すか。

いかに気分転換するか、それがファスティング初日のポイントです。

ひたすらゲームで時間を潰していたけど14時頃に限界が来て、ジュンク堂書店に出かけました。

ジュンク堂の椅子に座り、ひたすら読書。1冊購入。

◎漫画やゲームに没頭する

ファスティングの前に、漫画やゲームなど豊富に用意しておくことが大事です。

「時間を忘れて没頭できる」ものを多数、用意しておく。

といいつつ今回、事前に用意していなかったので、ジュンク堂の帰りにGEOに行きました。

レンタルコミックで「正直不動産」「3月のライオン」「進撃の巨人」「健康で文化的な最低限度の生活」を借りる。しかし・・・

◎将棋漫画の名作「3月のライオン」はダイエット中は読まない方が良いらしい。

「3月のライオン」は将棋の漫画です。

監修者は「うつ病九段」の著者、先崎学九段。

「うつ病九段」がとても良かったので、「3月のライオン」も借りてみたのです。

ところが先に読み始めた妻から「食べ物の描写がたくさんあるし、めちゃ美味しそうだから、ファスティング中は読まないほうが良いよ。」とアドバイス。

残念ですが、ファスティング・ダイエットが終了するまで「3月のライオン」はお預けです。

◎ファスティング中は、眠たくなる

理由はわかりませんが、ファスティング中は眠たくなります。

食事を制限しているので、細胞がエネルギーを食い尽くすのでしょうか?変な表現ですが、そんなイメージです。

頻繁にベッドで横になりました。結果的には眠れなかったのですが、気分転換にはなります。

いつもは深夜まで起きている私ですが、ファスティングしていると22時には寝てしまう。

◆ファスティング・ダイエット2日目

◎ファスティング2日目は何もしたくない

いやホント、何をしていたのか記憶にないです。

朝から夕方までひたすらレトロゲームに没頭。

20年前とか30年前の、ファミコンやスーファミ、そしてプレステのゲームに没頭していました。

夕方から近所のTSUTAYAに行き、レンタルコミックを借りずに店内の椅子で読む(ごめんなさい)。

なぜ夕方かと言うと、夕食時を避けるためです。妻が料理の用意をしている時間や、食事中は、自宅にいないようにしてます。空腹時に、とても耐えられませんから。

2日目も、22時に寝てしまいました。

◎3日目の朝、体重を計るとマイナス3.3キロ

このブログはファスティング3日目に書いています。

ファスティング開始時は82キロだったのが、3日目の朝には78.7キロになっていました。

まあ食事制限しているから、当然かもしれませんが、それでも嬉しいです。

3日目の様子や、3日間のファスティング体験まとめ報告は、また明日にさせていただきます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です