精神科のドアを蹴っ飛ばす患者・・・

Pocket

うつ病休職654日目です。

今日、いつもの精神科に行き、主治医の診察を受けてきました。

◎精神科のドアを蹴飛ばした犯人は、患者だった

診察の途中で、精神科の入口付近で「どん!!」という音が響きます。

ちょっと普通じゃない感じです。

主治医も気になったのか、「すいません、ちょっと見てきますね」と離席。

・・・苦笑いしながら戻ってきました。

事情を聞くと、どうやら患者さんが入口のドアを蹴っ飛ばして帰ったそうです。

◎精神科のドクターも大変だな

主治医「予約をすっぽかした患者さんが、遅れてやってきた。受付がお断りしたら、怒ってドアを蹴って帰ったらしいです(笑)」

私「精神科って、いろんな人がいて、大変でしょうね~」

主治医「そうなんですよ、いろんな方がいますからね。今日なんて、すっぽかす人が続出なんですよ~」

こんな会話が続きます。

私は「僕なんて一度もすっぽかしたことがないから、優秀な患者ですね」と冷めたギャグを言おうかと思ったのですが、言葉を引っ込めました。

2週間前の診断で、主治医を怒らせたことを思い出したのです。(当時のブログはコチラ)

きっと私も過去に、(主治医からみると)無茶な相談をしているのでしょう。

◎発達障害は空気を読めない

いま「言葉を引っ込める」と書きましたが、発達障害の人間はナカナカできないのです。

なんせ発達障害は「空気を読む」ことができませんからね。

私自身、空気を読まず、思いつきでポンポン発言して、多数の人に不快な思いをさせた前科が腐るほどあります。

ふとフラッシュバックで自分の非常識な言動を思い出し、赤面してしまうことも日常茶飯事。

私は、まがりなりにも営業マンとして多数の会話を経験してきたので、多少は空気を読めるようになったのでしょう。

◎空気は読めないが、テレアポだけは得意

ちょっと脱線しますが。私は空気が読めないくせに、なぜかテレアポが得意です。

テレアポしていると、相手が沈黙する時、ためらう時があります。

こういう時に瞬時に相手の本音を見抜いて絶妙に切り返しトークができます。

沈黙は「興味はあるけど、しつこく営業かけられたら困るな」というサインなので、相手を安心させる言葉を切り返すと、すんなりアポがとれちゃうんです。

詳しくは「テレアポのコツ」読んでください。

もっとも、空気が読めないからテレアポが得意になったのかもしれませんが。

◎「主治医の意見書兼傷病証明書」を書いてもらった

おっと脱線しましたね。

今日、主治医に会った目的は「意見書兼傷病証明書」を書いてもらうことだったのです。

ハローワークから書式をもらってきたんです。

主治医も手馴れたもんで、サクサクと書いてくれました。

今日はちょうど、ドタキャンする患者さんが多かったので、主治医も時間的精神的に余裕があったみたいで。

「主治医の意見書兼傷病証明書」の内容は、また後日、くわしく書きますね。

この書類をハローワークに届ければ、待機期間が発生せずに雇用保険のお金を受け取れるんですね。

いや実にありがたい話です。

◎俺も精神科の壁を蹴ろうかと思ったよ

ありがたいとか書いていますが、私も今日、精神科の壁を蹴ろうかと思いました。

なぜかというと「診察代」と「文書発行手数料」あわせて10000円以上とられたんですよ。

くそ高いよ!!勘弁してよ!!

おかげで財布の中身が空っぽに。

ホントは精神科の後、ハローワークに直行する予定だったのですが・・・。コインパーキングのお金すらなくなってしまい、行けなくなりましたΣ(゚д゚lll)

おしまい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です