退職関係書類が届いた。でも離職票がない。

Pocket

うつ病休職638日目です。

あれ?もう退職したから、休職??日目っていうのは、おかしいかな?

かと言って、「無職になって5日目です」とか書くのも、バカみたいだし、悲しくなるし。

まあ、いいや。

社会復帰するまでは、従来のスタイルでいきます。

◎変化に弱いのは、発達障害だからか。それとも精神疾患の影響か。

退職以来、心がソワソワして、落ち着きません。

9月1日に、郵送で保険証を返却しました。だからかなあ?

いや違う、会社に退職メールを送った直後から、落ち着かないのが本音。

(会社に退職メールを送ったら「待ってました」とばかりにスグ返信が来た時のブログはコチラ)

以前、主治医から「あなたは変化に弱いので、環境の変化には注意したほうが良いですよ」とのアドバイスをもらったことがあります。

なぜ変化に弱いのだろう。発達障害の影響なのかな?それとも精神疾患の影響か?

よくわからないけど、確かに変化には弱いのです。

◎退職関連書類が届いた

昨日4日(火)に、退職関連書類が届きました。

仕事が、早いなあ。

「家族がいるし、保険証がないと困るだろう」ってことで、早く処理してくれているのかな?速達だったし。

  • 退職証明書
  • 健康保険・厚生年金保険資格喪失証明書

の2点が入っていました。

あれ?離職票がないよ?

担当者からの手紙を読むと、離職票は、後日となるようです。

「傷病手当金の終了日から、退職日まで日数が空いたこと」が原因。自業自得か・・・

傷病手当金が終了したのは、7月初旬。退職日は8月末日だから、確かに2ヶ月ちかく空いている。

そのためハローワークが「休職していた全期間に対して、休職が必要だったという客観的判断が難しい」と主張したそうで。

主治医に会って、「休職開始日から退職日まで、全期間に対して休職が必要であった」という証明を、書いてもらわないといけない。

あ~、またお金がかかるよ・・・自業自得か・・・

◎変化に弱く、クヨクヨ、落ち込む

いやホント、この数日感はクヨクヨしっぱなしです。

会社との退職に関するやりとりで、ぐったり疲れる。

妻がサポートしてくれているので、実質的には大した作業はないのですが。

妻は、こういう手続きが得意なので、たいそう助かっています。

それでも、ちょっとしたことでクヨクヨして、ため息がでて、

「あ~俺はつまらん人間だ」と呟く。外出する気力も出ない。

◎妻に「昔っから、パッとしないから大丈夫だよ~♫」と言われ凹む

「あ~俺は、パッとしない人間だなあ」と呟くと・・・

妻が「何いってんのよ、大丈夫よ。あなたは、昔から、パッとしない人だから、大丈夫よ~ん」だって。

妻は、慰めのつもりで言ったのかもしれませんが、言われた私は、ますます落ち込む。

まあ、こうして他愛もない話ができる、弱音を吐ける相手がいるというのは、ありがたいことでございます。

こんな感じで、毎日を過ごしています。

とにかく、退職した。一歩前進。次は雇用保険をもらうことが目標です。

社会復帰には、まだまだ時間がかかるでしょうが、少しずつ進んでいきます。

 

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です