うつ病アスペルガーADHDの当事者は、父の日をどう過ごすか。義父との関係は。

Pocket

うつ病休職566日目です。

6月の「父の日」にちなんで、うつ病と発達障害の当事者として、父や義父との交流を書きます。実家とのコミュニケーションで悩んでいる人には何かヒントがあるかも?

◎アスペルガー・ADHD・うつ病の私が、2018年「父の日」にできたこと

・自分の父に対して

なにもしていません。

電話すら、してません。

妻が、なにかプレゼントを買って、渡してくれたそうです。

・義理の父に対して

昨日、回転寿司に行きました。

といっても、私は車を運転しただけです。

妻と娘二人を車に乗せて、妻の実家に向かう。

義父が同乗して、回転寿司「スシロー」に行く。

90分ほど、妻と娘二人、義父の4人で寿司を食べる。

私は、近所のパチンコ屋の禁煙無料休憩室で、時間をつぶす。

これだけです。

・義父と私が会話した内容

会った時の「こんにちは」。

別れるとき、酒が入っていたので「お気をつけて」。

これだけです(笑)

◎うつ病患者として、父や義父との接し方

うつ病になって早くも1年半が経過しました。

・自分の父との接し方

2017年の正月~夏は、娘をあずかってもらう際に、たまに会うことはありました。

しかし2017年の夏以来、会ってもいないし、電話もしていません。

2017年の夏、父とハイタッチをしたことで、フラッシュバックや抑うつ状態がひどくなり、それ以来、避けています。両親に発達障害のことを告白するきっかけとなりました。(当時の記事はコチラ)

といっても、実家の前に住んでいるので、お互いに姿を見かけることは、当然あります。

父が、私と合わないように、気を使って避けてくれています。すまないなと思ってます。

・義父との接し方

2017年の正月、2017年の秋(義父の誕生日)、そして2018年の父の日

会って、話をしたのは、この3回だけかな。

昨年の10月は、うつ病の調子もよく(当時はパニック障害も併発していなかった)、

義父と私の合同誕生パーティーを、私の自宅で行いました。

・実は明日も、義父と会う

どうやらメガネがあわずに、読書がつらい様子。

明日、私が車の運転をして、妻と義父を連れて、メガネ屋に行く予定です。

最寄駅→ショッピングモールは、片道10分程度なので、大丈夫なはず。

◎アスペルガー・ADHD当事者として、父や義父との接し方

何度も書いてきましたが、私は関係が近くなればなるほど、苦手です。

親戚づきあいとか近所付き合いは、超絶苦手。

飛び込み営業やテレアポといった新規開拓営業だけは得意なんですけどね。

自分の両親と会うよりは、義理の両親と会う方が、気楽です。

特に義父は、私のことを気づかってくれているのが伝わるので、会いやすいです。

義母は「大丈夫~!?」「元気だしてね~!!」とハイテンションなのでちょっと苦手です。

◎父は婿養子。祖父と父の確執を間近に見て育った。

母が長女、父が婿養子だったというのは、私の人格形成において、大きな要素だったようです。

自分の父が、祖父から怒られている姿を何度も見てきました。

本当に嫌でした。

父と、祖父の関係が、うまくってないのは、小学生の私にもわかったくらいです。

私も、田舎の農家の長男なので、さんざん「家を継げ」と言われて育ちました。

いやだったなあ・・・

◎「100%、妻の味方しかしない」と母に宣言した

父と祖父の、仲の悪さを見て育った私は、自分の妻には同じような思いはさせたくないと決心していました。本当に、嫌だったんです。

「家を継げ」というのは、理解できるけど、俺の妻をいじめるなよ。そう思っていました。

妻と結婚するにあたって、私の母に、「僕は100パーセント、妻の味方しかしませんよ。お父さんと、じいちゃんが、仲悪いのを再現したくないから。」と宣言しました。

母は、「それでいいのよ。」と言ってました。

そうは言っても、妻はなにかと苦労しているようです。

それはそうですよね、私の実家の隣に、住んでいますので。

特に、うつ病になってからは、私の代わりに、私の両親とコミュニケーションとってくれています。

妻には、いつも苦労かけてすまないなと思っています。

・カサンドラ症候群で悩む方へ

ブログを書いていて、ふと思ったのですが。

夫の「俺は妻の味方しかしないぞ」宣言は、カサンドラ症候群で悩む方には、特効薬になるかもしれませんね。

男はみなマザコン、というのは有名な話です。私自身も、マザコンですし、ファザコン、祖母コンかもしれません。私は、きっとアダルトチルドレンです。

マザコンの私ですが、母に対しては「俺は奥さんの味方しかしない。大事にしてくれよ。」と宣言しています。

アスペルガー男性は自分の言葉に縛られるので、「妻の味方しかしない宣言」をすることで、いろいろと良い影響がでてくるかもしれません。

「夫にそんな宣言させるなんて無理」と考えるカサンドラ女性のために、なにか良い手法を考えておきますね。思いついたら記事にします。

 

今日の投稿は、以上です。

(追記1)

サッカーワールドカップ、コロンビア戦での勝利に加え、セネガル戦で勝ち点1をゲット。決勝トーナメントに進出できる可能性が高くなってきましたね。ポーランド戦が本当に楽しみです。ぜひ決勝に行って欲しい。がんばれニッポン!!

(追記2)

おっと、忘れてた!娘二人から、父の日のプレゼントとして、「肩たたき券」をもらいました。嬉しいですね。小学生の娘では、まだ力が弱いので、肩たたきではなく、肩や腰を踏んでもらっています。「肩ふみ券」になってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です