精神障害者保健福祉手帳用の診断書の内容を公開

Pocket

うつ病休職562日目です。

2日前、いつもの精神科に行きました。

ようやく精神障害者保険福祉手帳用の診断書を受け取りました。

15000円と引き換えです(クソ高いよ!!)。

◎エレベーターの中で診断書を読んでみた。

精神科クリニックを出た直後、我慢できずにエレベーター内で読み始めました。

なんども読み返しました。

自分の診断書を読むなんて、人生で初です。

しかも「精神障害者」ときたもんだ。俺も、だいぶレベルが上がったなあ。

ぶっちゃけた話、自分で読んでて、けっこう凹みました。

僕は、耳からの情報処理は超苦手なんですけど、活字を読むのは好きなんです。

活字になってるからこそ、自分の凸凹具合、ダメさ加減を思い出して凹みました。

とくに最後の「備考欄」が秀逸でした。

もう、何度よんでも、笑える。

ぜひ皆さんにも読んでいただきたい、笑っていただきたいなと思い、公開します。

◎九州イチの繁華街、天神で不気味に笑うオッサン

ご想像ください。

福岡市の繁華街、天神の交差点で、診断書を読む41歳オッサンを。

凝視するように診断書を読み、しばらくして「ハアあああ」とうなだれる。

しばらくすると、もう一度読み返す。

最後まで読むと、決まって不気味に笑う。

そしてまたガックリして、トボトボと歩き出す。

やめとけばいいのに、また歩きながら読んでしまう。

もし風が吹いて診断書が飛んでいったら、さらに15000円を払わないといけないのに、そんなリスクを忘れて天神ど真ん中で、診断書を読んでいたのです。

(ちなみに僕は、天神ど真ん中の某デパート様とも、テレアポで突破して取引スタートとなりました。デパートに新規開拓営業かけるのってホンマ大変なんですよ!プロ野球も3年かかったけどデパートも大変。)

①病名;主たる精神障害は意外にもADHDだった

診断書トップは①病名です。そこには

主たる精神障害=注意欠陥多動障害(ADHD)

従たる精神障害=広汎性発達障害(アスペルガー)

身体合併症=なし

このように書いてありました。あれ?

私は主たる障害がアスペルガーじゃなかったか?

従来、主治医の説明は「典型的な広汎性発達障害ですね。ADHDもあるようですね」でした。

実際に、私のカルテの表紙には、大きな文字で「ASD」と書いてあります。

ASDとはアスペルガーを含む、広汎性発達障害のことです。

まあ、どうでもいいや。

発達障害は、グレーゾーンも含めて「スペクトラム」と言われていますからね。

スペクトラムとは、虹のように、境界があいまいという意味です。

ASDだろうが、ADHDだろうが、どっちでも同じですね。

②初診年月日;ようやく判明した。

私の初診日は、平成27年2月23日となっています。

ようやく初診日が判明しました。

2015年の1月と思い込んでいたけど、2月でした。

ちなみに、障害年金やら障害者手帳やらを申請するうえで、「初診日」ってメチャクチャ重要です。

ホントに重要ですので、しっかり覚えておいてくださいね。

③発病から現在までの病歴及び治療の経過、内容

ここは「推定発病年月、発病状況、初発症状、治療の経過、治療内容など」を書く欄です。

私の場合、このように書いてありました。

「同胞3名の第一子。長男。幼少時代より提出物の締め切りは守れず、掃除もできなかった。学生時代は人に興味なく一人で過ごすことが多かった。スポーツは苦手であった。こだわりは強く空気がよめないと言われることが多かった。相手の言葉の裏をよんだり、間をはかったり、相手の気持ちを察することは極めて苦手。一般常識にそって物事をすることができなかった。集中力はなく優先順位が苦手であり片付けも苦手であった。大学を卒業し、デザイン会社の営業職に入るが適応できず、平成27年2月23日に当院を受診した。」

うーん。

活字にして読むと、なんだかなぁ・・・

◎続きは、明日の記事で

ちょっと疲れたので、今日はやめます。

このあと、診断書の項目は、下記のように続きます。

④現在の症状、状態像など

⑤④の症状・状態像などの具体的程度、症状、検査所見など

⑥生活能力の状態

⑦⑥の具体的程度、状態など

⑧現在の治療内容

⑨今後の治療方針

⑩現在の障害福祉などのサービスの利用状況

⑪備考

この最後の⑪備考に書いてある内容を読んで、妻も爆笑しておりました。私も読むたびに爆笑して、ガックリきております。続きは、明日に!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です