このブログで伝えたいメッセージを考えてみた

Pocket

うつ病休職537日目です。僕は、このブログ、誰に向けて、なにを伝えたくて書いているのでしょうか。ふと、そんなことを考えました。

それもそのはずです。ブログをスタートした当時も、そして現在も、コンセプトやターゲットを決めずに、ブログを書いているからです。でも、なぜか一年近く、ブログを続けることができました。

このブログは、いまは自分のリハビリとわりきって書いています。しかしブログ開設当初は、「少しでも収入が欲しい」というのが本音でした。傷病手当金で生活はできるけど、なにかしら収入が欲しかった。パソコンやデジタルは苦手でいまだによくわかっていないのですが、「アフィリエイトとかGoogleアドセンスとかも導入して、少しでも広告収入が入れば嬉しいな」と思ってブログを開設してみました。

ブログを開設して、(書けない時期もありましたが)ほぼ毎日、記事はなにかしら書いています。しかし、これ以上、新しいこと(アフィリエイトとかアドセンスとか)にチャレンジできないのです。うつ病で脳が弱っているせいだと思いますが、動きがとれないのです。一日ひとつの記事を書くのが、精一杯なのです。

それでも、毎日少しずつ、書き続けています。いったいこれは、なぜだろう。リハビリや習慣という言葉で片付けていいのかな?

私の脳に、記憶に、感情に、心の奥底に、なにかしら表現したいことが眠っているのかも、しれません。きっと、答えはいつか、出ると信じています。

私は、このブログで、誰に向けて、なにを伝えたいのか?ひとまず、現段階でわかっていることを、ブログ・カテゴリー別に書き進めてみます。

◎発達障害の当事者、保護者に向けたメッセージ

「若い人は、文系じゃなくて理系に行こう。文系に行くと、社会に出てヒト相手の仕事になる。ヒト相手は、発達障害にとって鬼門である。技術と物を相手に仕事をしよう。そうすれば発達障害でも一般なみの給料をもらえるはず。必ず適職はある、就職を成功させよう。」というメッセージです。自分にぴったり合った仕事は、必ずあるから、諦めないで、とお伝えしたいのです。

◎テレアポ新人に向けたメッセージ

「テレアポも新規開拓も、コツさえつかめば簡単だ。ご縁があって就職できた会社、そして営業職なんだから、簡単に辞めないで。営業を前向きに捉えて欲しい。かならず役に立つスキルなんだから。」というメッセージです。コミュ障と言われる発達障害の僕だって、新規営業が得意になれたのですから、説得力があると自分では思っています。

◎うつ病が気になる人に向けたメッセージ

「うつ病など精神疾患になる可能性は、誰にでもあると知ってほしい。一旦うつ病になると、こんなに長く苦しむんだとリアルに知ってほしい。寝る・歩く・笑う、この3つだけでうつ病は予防できる。メンタルヘルスに留意して欲しい。」というメッセージです。ホントに、うつ病は辛いです・・・

◎日本に誇りを持てる日本人を増やしたい。

祖父に対する懺悔が、ベースにあります。祖父から戦前の価値観を押し付けられた気がして、祖父が大嫌いでした。あとで知ったけど、祖父は役所で、敗戦後の引揚者の援護や、傷痍軍人の福祉に関わっていました。退職後は、護国神社で働いていました。僕が「戦争って日本だけが悪いんでしょう?」と聞くと、「学校は、そげなこと教えようとか!教育委員会に文句ば言いに行く!」と飛び出していくような熱いジイさんでした。20代ずっとフリーターの僕は、晩年の祖父にたいへん心配かけました。危篤の時も、祖父に冷たい態度をとってしまったのです。亡き祖父に、謝りたいという気持ちが、国益・国防ネタを書くベースになっています。

実際に、祖父のように大正生まれの若者が、特攻や戦争で一番、死んでいます。大正生まれの若者が、命懸けで戦い、敗戦後は経済を発展させました。今の私たちの豊かな生活は、大正世代の命の上に、成り立っています。うつ病になり、時間ができたから、自分が納得いくまで歴史の勉強ができました。日本人に対して「日本に誇りを持とう」、そう伝えていきたいのです。

 

最後まで目を通してくださって、ありがとうございました。最近は体調も良いし、できるだけ毎日更新していきますので、週に1度くらい目を通していただけると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です