歯科検診に行っただけでパニック障害が再発。回復の道のりは遠い。

Pocket

うつ病休職531日目です。先日、娘たちを連れて歯医検診に行きました。1年ぶりの歯科検診です。いつもは年に3回くらい検診に行っていたのですが、この1年間は私のうつ病のせいで、まったく行けませんでした。久しぶりに、レントゲンをとられました。

歯科衛生士さんの説明を聞く際、メモを取ります。私は広汎性発達障害の影響なのか、耳で情報処理するのが苦手なんです。仕事の時も、メモは必須でした。

どうやら娘たちは、乳歯と乳歯の間に、虫歯がある模様。肉眼では見えない、レントゲンでしか見えない場所です。虫歯の治療を勧められました。

私は「どうせ抜ける乳歯なのに、意味あんのかな?」と思って疑問をぶつけたのですが、説明によると「奥歯は4年生5年生まで使うし、虫歯があると永久歯にも感染しやすいので治療をお勧めします。」との説明。なるほど。

私はこの歯科をたいそう信頼しておりますので、素直に従うことにしました。来週、娘たちは人生初の歯科治療です。泣くなよ・・・うふふ。この歯科は技術が大変優秀なので、痛みなんてまったくないんですけどね。

ちなみに、私たち家族がお世話になっている歯科は、「まつうらハート歯科」と「まつうら歯科医院」です。もう7年くらい通っています。福岡で一番信頼できる歯科です。私たちがこの歯科でお世話になるきっかけ、お勧めの理由などは、また別の記事で書きますね。

さて今日の本題は、パニック障害です。

私は、年末に人生初のパニック障害を起こして以来、精神的に疲れるとパニック障害が発生します。次女の入学説明を聞くため、教頭先生と15分だけの面談で、その夜にパニック症状がでました。この時のブログはコチラです。

歯科に行った夜も、軽いパニックが起こりました。歯科衛生士さんの説明を、マジメなフリして聞いてたので、緊張したのでしょう。「父親らしく、ちゃんとしなきゃ」と思っていたんです。そうです、義務感を感じると、私はパニックを引き起こすようになったのです。

新規開拓営業が好きで、あれだけ毎日、初対面の人に会っていた私が。たった10分20分の面談でこんなに疲れる人間になっちゃうなんて。うつ病、恐るべし。

この数日感は、早寝早起きもできていて、けっこう体調はよかったんですけどね。布団にはいって、リラックスした瞬間、そろそろ眠るかな、という瞬間にザワザワザワと違和感がでてきました。なんか無性に落ち着かないんですね。「ああ、またパニック症状かよ」と思うと、さらに意識してしまう。過呼吸や動悸、息切れを感じる。

パニックも何度か経験すると、対処法もそれなりに色々と考えます。昨夜は、娘たちが寝ている間に潜り込んで、娘たちに癒してもらう作戦にでました。でも、なんか落ち着かない。妻を起こそうかと思うが、仕事もあるし悪いから遠慮する。

「メンタルフルネス呼吸法」を試してみたり、リビングでウロウロあるいたり、あったかいお茶を飲んでみたりするが、落ち着かない・・・何度もベッドに出たり入ったり、まったく迷惑な夫&父です。

どうしようもなく、しかたないから布団から抜け出し、フローリングで寝っころがると、意外と落ち着きました。夜はけっこう涼しくて、体が冷えていくと同時に、落ち着いてきた。いつの間にか4時間くらい、眠っていました。

翌朝になって妻に話をすると「氷枕で頭を冷やすと、パニック障害がおさまるのかもしれないね。自分に、暗示をかけてみたら?氷枕、すきでしょ?」とのアドバイス。うん良いな、そのアイディア。さすが我が妻。頼もしい。

ちなみに私は、薬を飲んでいません。パニック障害の本を読むと、薬がかなり効く、と書いてあるんですけどね。薬はできるだけ飲まずに、治していきたいと思っています。

しかし、頓服として、いざという時に落ち着かせるためのお薬を確保しておくのも、必要なことかもしれません。ドクターに相談してみようかな。

こんな感じで、日々なにかしらトラブルを抱えながら、うつ病とパニック障害と共存している毎日です。

皆様、メンタルヘルスを大切にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です