PS版シヴィライゼーション皇帝 攻略マニュアル

Pocket

うつ病休職400日目です。200日目からブログ毎日更新しています。飽きっぽい私が、200日間も飽きずに毎日ブログ更新しているなんて、奇跡としか言いようがありません。果たして誰かの役に立っているのであろうか?もはや完全に自己満足のブログですが、もともと自分のリハビリのために始めたので、良しとしよう。

休職したばかりの頃は、2か月で復職するつもりだったんです。まさか400日経過しても、まだ休職しているとは、信じられません。うつ病経験のある知人に相談したら「まだまだ。2年3年あたりまえの世界だから、諦めて気長に考えるしかないよ」とのこと。うーん・・・

さて休職400日を記念しまして(?)、プレステ版シヴィライゼーションを難易度「皇帝」でクリアするコツを書きます。以下、興味がない方はスルーしてください。

では、いきます。

◎序盤の戦略(宗教まで)

とにかく都市を増やしまくる。目標は6都市。特殊資源がある平地・草地で、近くに森があればベスト。人口2までだったら、不幸な市民が発生しないし、軍事ユニットがいなくても暴動が起きない。常に人口2をキープ。集落や敵国から金を巻き上げつつ、6都市ほど作り上げる。都市間を道路で結んでおく。周辺に平地・草地が多い都市を一つだけ選び、集中的に発展させる。発展させる都市に、寺院・大聖堂を作る。

序盤は交易をすべて技術に注ぐ。まず「民主主義」つぎに「宗教」を開発することが重要。不幸な市民を減らすために「バッハの大聖堂」が必須。「アポロ虚像」もあれば尚よい。近くの敵国は「投石器」で早めに滅ぼす。

◎中盤の戦略(鉄道まで)

技術は「鉄道」開発を目指す。全都市数は10程度で、すべての都市に「寺院」と「重装歩兵」を配備。発展させる都市を2~3作り、周辺を開発する。敵国や海賊に備えて「投石器」を1つは準備。余裕あればガレー船に外交官を乗せ島の周囲を探索する。

「バッハの大聖堂」と、各都市に「寺院」があれば、どの都市も人口5までは不幸な市民が発生しない。とにかく不幸な市民を出さないことが重要。配分は科学5、税金5にして内政に力を注ぐ。都市間をすべて鉄道で結び、周辺も発展させる。「コルベット」に「外交官」を乗せて、海洋探索を進める。

「図書館」「大学」よりも「市場」「銀行」を重視、とにかく金を重視する。敵国は首都以外、すべて金で買収できる。無駄な戦争はしない、勝てる戦争しかしない。とにかく金を生み出す都市を目標に、発展させていく。

◎終盤の戦略

技術は「コンピュータ」を目指す。「SETIプログラム」と「癌の治療」は必須。「ダーウィンの大航海」と「ニュートンの学士院」もあれば尚よい。この後で、よその大陸に乗り出す。おそらく3~4か国、この時点で残っているはず。

どの国と戦うか、選ぶ。ここで選択を誤ると大変な苦労をする。強そうな国から、先に滅ぼしておく。お金が3000以上ない場合、戦争してはいけない。都市に「外交官」を送り込み、次々と都市を買収していく。首都だけは武力で制圧する。

首都制圧は「戦車」よりも「爆撃機」が楽。爆撃機を運ぶために航空母艦が必要。どちらも技術「航空工学」で獲得できる。航空工学の後、ロケット工学→宇宙飛行で七不思議「アポロ計画」を作ることができるので、無駄がない。敵国がどこにあるかわからない場合も多いが、「アポロ計画」があれば都市がすべて把握できる。

◎補足

以上、「世界征服」で皇帝クリアするためのコツでした。何度も何度もリセットしました。不幸な市民を出さないことを重視したプレイスタイルです。私は1800年手前で世界征服できました。なお「宇宙移民」クリアはしたことがありません。

ちなみに。ujiさんという方が、「紀元前・宇宙移民」「紀元前・世界制覇」という、とてつもないチャレンジについて考察されています。「ノーリセットで皇帝クリア楽勝だぜ」と言う方にも、有益な情報だと思いますので、ぜひ検索してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です