沖縄旅行1日目。4回ほどキレるがなんとか終了。

Pocket

うつ病休職392日目です。

せっかく沖縄に来ているのだから、いろいろと観光をしたい。でも、気力が湧かないんです。行くだけで、ぐったり疲れてしまった。うつ病患者が旅行するとこうなる、ということを書きたいと思います。ちなみに私は、広汎性発達障害(アスペルガー、ADHD)当事者です。

今回、4泊5日で沖縄旅行を計画しました。沖縄を選んだのは、暖かいから。正月に旅行に行く理由は、親戚付き合いを避けるため。私は新規開拓営業だけは大好きなのですが、親戚づきあいが超絶苦手です。気を失うくらい苦手です。実家の隣にマイホームを建ててしまった(後悔してる)ので、嫌でも親兄弟・親戚と会っちゃう。

1年以上休職していますが、これでもだいぶマシになったんです。親戚付き合いをすると、間違いなく抑うつ状態が悪化する。うつ病すごろく「振り出しにもどる」こと間違いありません。避難するつもりで沖縄に来ました。

旅行初日(1月1日)、9時台のJAL便で福岡から沖縄へ。隣の席の20代男性二人組がウルサイ・・・耳栓をするが気分わるくなって耳栓を外す。着陸時は気圧の変化で、耳が痛くなりました。

到着後、レンタカー事務所へ。この1年、まともに他人とコミュニケーションをとっていない私には、レンタカーの手配といえども一苦労。旅行全般の手配は、妻がしてくれたので助かりました。しかし運転は私がするので、レンタカー手配も私の役目。私はうつ病になって以来、もともと苦手だった「選択」や「決断」がますます苦手になっています。レンタカーの「保障プランに入るかどうか」質問されただけで、右往左往して、決めきれずに妻に助けてもらいました。

その後、空港近くの沖縄そばの店へ。沖縄は元日でも営業している店が多くて助かります。店の名前は忘れました。しかし、この時点で限界を超えています。食事を待つ時間もイライラ。隣のオッサンがクチャクチャ食べる音を聞いてイライラも限界に来てしまい、妻子を置いて私だけ先に退出。

その後、時間調整を兼ねてアイスクリームの名店、「ブルーシール」へ。4年半ぶりのブルーシールです。私も妻もニコニコしながら食べました。いや美味だった。アイスクリームだけで1600円も使ったけど、毎日いきたいくらい美味い。

その後、ホテルに向かう途中でまたもやエネルギー切れ。私はボーっとしてしまう。見かねた妻が、重たい荷物を2つかかえ、娘2人を連れて先に行く。私はフラフラしながら後ろから着いていく。本当にだらしないパパでごめんなさい。ちょっと昼寝をして復活。

その後、浦添大公園で遊ぶ。アジア系あり、米軍系あり、本当に多国籍な環境でした。その後ユニオンというスーパーで買い出し。またもや疲れ果ててしまい仮眠。夕食もフラフラしながら食べる。イライラがひどいので、疲れているけど散歩に出かけました。本日の歩数は14000歩オーバー。旅行に行くと、歩数は稼げますね。

歩けば気分は良くなる。ようやく元気になって、家族でテレビを見て楽しく過ごせました。「フジヤマ」で大食いやドローンレース、ピタゴラ装置、鬼ごっこなど日本人の挑戦を見ていました。

正直な話、観光したい気分ではありません。早く自宅に帰ってレトロゲームやりたい。でも沖縄に来た以上は、多少は観光もしないと妻子にも悪いし。車の運転だけは、がんばります。

あ、ブログのタイトルで「キレる」と書いていますが、暴れるとか「ぶちきれる」という意味では、ありません。どちらかといえば「こときれる」「エネルギーが無くなる」という意味です。突然、ガス欠みたいに脳と体から「ぷしゅ~。」とエネルギーがなくなっちゃう。そんな状態です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です