人生にもドラクエみたいな攻略サイトがあれば良いんですけどね~

Pocket

うつ病休職371日目です。今日もファミコン版ドラクエ3の記事です。

いや本当にファミコン版は、難しい。スーパーファミコン版でのプレイスタイルが身についてしまっているので、余計にやっかいです。

2日間プレイして、ようやくサマンオサ城に到達しました。

全滅すること10回。全滅じゃないけど仲間が死んだのは30回以上。膨大な金を教会に寄付しちゃいました。何度も死んでしまう理由。それは無謀に進んでしまうから。スーパーファミコン版のペースで進んでしまうと全滅しちゃいます・・・自業自得です。

普通に武器や防具を買って、適度にレベル上げしながらすすめば良いんですけどね。内容がわかりきっているだけに、つい近道してしまいレベルが上がらない。「武器防具を買うのは、次の街まで我慢しよう」というのを続けて、気が付けば盾も兜も持たずに進んでいる(笑)

スーファミ版ドラクエ3だと、ムチやブーメランがあるから、全体攻撃が楽でした。でもファミコン版は、イオ系呪文しかないんですね。MP消費も激しいし、魔法使いは死にやすいし・・・無茶して進んだダンジョンで、魔法使いが死ぬと全滅のピンチです。

アイテム所持制限があるのも、難しい。「ふくろ」がないので、ひとり8個までしかアイテム持てません。薬草を持つのも限界がある。僧侶は、回復係として必須。

ちなみに僧侶・魔法使い・武闘家というメンバーです。戦士ではなく武闘家にしたのは、ザコ敵対策、メタル対策です。戦士だと行動が遅いので、余計なダメージを食らってしまう。戦士にするのはボス前だけで十分かと思います。

魔法使いをレベル22で、賢者に転職させました。バイキルトとヒャダルコまで覚えさせて、そのあとは賢者。現在は勇者・賢者・僧侶・武闘家というパーティーです。僧侶がザオリクまで覚えたら戦士にする予定。

それにしてもインターネットってありがたいですね。1988年のレトロゲームなのに、ちゃんと攻略サイトがあります。実は私は「防御コマンド」という裏技をしりませんでした。これは防御した後、キャンセルして攻撃すると、なんと防御をしながら攻撃できるという裏技です。これで、かなり楽にできるようになりました。

さらに言うと、ボスキャラが毎ターンHP自動回復するということも知りませんでした。どうりで小学生時代、やたらとボスが強く感じたわけだ。小学校6年生で、はじめてドラクエ3をやった時、バラモスを倒すのに1時間くらい時間がかかった記憶があります(笑)

今でこそ、攻略サイトを見れば、難しいボス戦も楽に突破できます。昔は攻略サイトなんてあるわけないので、小学校での口コミだけが情報源でした。しかし広汎性発達障害の私には友人が少ない・・・ドラクエ3も、人生も、無駄な回り道ばかりやってきたような気がしてます。

自分が発達障害だと子供の時からわかっていたら、もっと自分にあった仕事に就職できていた気がします。いや、でも発達障害とわかっていたら、営業マンとして働くこともなかったでしょうし、自分がこんなに新規開拓営業に燃える人間とは発見できなかった。

人生、どこでどう転ぶかわからない。

いま41歳ですが、まだ40年は仕事ができる。現在は、うつ病休職中ですが、必ず完治させます(ちなみに薬は飲んでいません)。完治させて、社会貢献できる人間になりたいと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です