ファミコン版ドラクエ3を買ってしまった

Pocket

おはようございます。うつ病休職370日目の投稿です。

FC版(ファミコン版)ドラゴンクエスト3を買ってしまいました。

いや~実になつかしい。

買うつもりはなかったのですが、「レトロゲームコーナー」で500円で発見して、気が付いたら購入していました。本当は、幼稚園児の次女がやれるゲームを探しに行ったんです。マリオカートとか、そんなやつなら幼稚園児でもできるかな~と思って。

というのも、長女がドラクエ11をやりはじめたんですが、次女を別のゲームで黙らせておかないと、長女がドラクエ11できないんですね。次女はすぐ「お姉ちゃんだけ、ずるい」と言うので対策が必要だったんです。

ドラクエ3は、なんと1988年の作品です。僕は小学校6年生でした。発売当時、僕の自宅にはファミコンはありませんでした。親が絶対に買ってくれなかった。今思えば、親の判断は大正解でした。

私は広汎性発達障害の当事者(アスペルガー、ADHD)なのですが、変なクセはいっぱいあります。テレビやゲームでいうと、画面に熱中してしまう傾向があるんです。半端じゃなくテレビ画面を凝視します。例えばラーメン屋にテレビがあったとします。テレビが目に入ると、凝視して注文も食事もほったらかしになってしまいます。

小学生時代、ファミコン全盛期でした。私の家以外は、みんなファミコン持っていたような記憶があります。友人宅に行って、ファミコンばっかりやっていたので、友人もその親も、さぞあきれたことでしょう。アスペルガー気質まるだしです。思い出すだけで、恥ずかしい。

ドラクエ3も、友人宅で没頭していました。夕食時になっても帰らない、本当にメイワクなクソガキでした。ドラクエ3を自宅でどうしてもやりたくて、なけなしの貯金をはたいて自分で購入した気がします。本体は親に買ってもらってソフトだけ自分で買ったのか?記憶はあいまいですが。

親のファミコン許可が出たのは、ひょっとしたら友人の親から、私の親にクレームが入ったのかもしれません。「オタクのクソガキが、うちでファミコンばっかりやって困る!」と。

いや~それにしても、ファミコン版のドラクエ3はなつかしい。実に28年ぶりくらいにスイッチを入れました。でも、なんだか音が変です。ソフトが経年劣化しているのか?BGMもレベルアップ時の音も、なんだか間抜けな音です。それとも当時の性能では、これが限界だったのかな?

プレステ4でドラクエ11をクリアした後に、ファミコン版ドラクエ3をやると、人類の進化を感じます(笑)

それにしてもファミコン版ドラクエ3は、難しい。スーパーファミコン版ドラクエ3は50回くらい(いやもっと?)クリアしています。スーファミ版と比べると、明らかに難しい。

というか操作が面倒くさい。なんせAIシステムもありませんからね。毎回戦闘で全員分のコマンド入力をしないといけない。とうぞくのカギとか使う時も毎回、操作しないといけない(便利ボタンとかないし)。

でも、なつかしいな~という気持ちで、幸せ気分いっぱいでした。

あ、今日は月曜日ですね。出勤中の電車で、たまたまこのブログにたどり着いた方もいらっしゃるかもしれません。このブログは、41歳営業マンの、うつ病休職ブログです。広汎性発達障害の当事者です。薬を飲まずに自宅療養でうつ病と戦っています。毎日更新していますので、よかったらチェックしてください。

何度も繰り返して書いていますが、うつ病は一度発症すると、非常に厄介な病気です。メンタルヘルスは本当に大切です。皆さま、仕事はたまにズル休みしてでも、体と心のメンテナンスを重視してください。うつ病になるような人は、もともとクソマジメでガンバリすぎちゃう人が多いんです。気を付けてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です