うつ病休職366日目。1年間を振り返ってみた。

Pocket

うつ病休職366日目です。今日の投稿は午後になってしまいました。いつも朝6時に投稿するようにしているんですが、週末の疲れのせいで、ブログを書くエネルギーがありませんでした。

今日は、朝から1万歩、歩いてきました。やっぱり歩くと気分がいいですね。気分が不安定な時、クヨクヨした時、フラッシュバックのせいでゲンナリした時、イライラした時。歩くと気分がよくなります。歩くようにアドバイスしてくれた主治医とカウンセラーに感謝です。

散歩から帰って昼飯を食べると、ブログを書く意欲が出てきました。休職してちょうど一年たったので、過去の振り返りをやってみたいと思います。

◎2013年 デザイン会社に転職

営業マン兼ディレクターとして勤務開始。営業マンは私ひとり。嬉々としてテレアポやりまくっていました。転職後、3週間で新規客と取引スタートできました。超ハードワークでしたが、大いにやりがいのある仕事でした。転職したばかりのころは、同僚に恵まれたおかげで、ディレクションの負担が軽かったんです。

◎生まれて初めて精神科に行った時を書いた記事が、コチラ

2015年1月に、初めて精神科に行きました。「典型的なアスペルガー。この場で診断書を書いて良いレベル」と言われました。自他ともに認める新規開拓営業オタクの私ですが、「自閉症の一種です」と言われて怒りを感じたことを書いています。

◎発達障害の精密検査WAIS-3を受けた時の記事が、コチラ

2015年2月頃、WAIS-3という知能検査を受けました。見事に凸凹が激しい結果でした。この時の結果は、メモとして残しているのでいつか詳しく書きます。この1年後、2016年3月に、「広汎性発達障害」の診断書を書いてもらいました。

◎うつ病と診断される直前の生活を書いた記事は、コチラ

2016年11月頃から猛烈に体調不良となりました。自分の本能に合わない仕事を無理して頑張った結果、抑うつ状態となってしまいました。「合わない仕事をがんばることで、うつ病になる」リスクは、漫画【うつヌケ】でも繰り返し描いてあります。2016年12月から休職しています。

◎休職1日目~5日目の様子を書いた記事が、コチラ

主治医から「絶対にダメ」と言われたのに、出社して引継ぎをした5日間を書いています。メール一つ書くのに1時間かかるほど、脳が疲労しており、絶不調でした。

◎休職6日目~30日目の様子を書いた記事が、コチラ

休みたくても、休むことができない。休職している自分を受け入れることができない。毎日、何をして過ごしたらいいのかわからない。子供がうるさくてたまらない。子供と遊ぶなんてとんでもない。休むことすら、できない時期でした。

◎休職31日目~60日目の様子を書いた記事が、コチラ

復職のことを質問して、医師やカウンセラーから「あなたが思っている以上に深刻な状態なんですよ。」とたしなめられていました。ちょっとPCさわっただけでグッタリしてしまい、「これは復職なんて無理だ。しっかり休んで治そう。」と覚悟を決めた時期でした。

◎休職200日目にブログを開始。この時の記事が、コチラ

2017年6月下旬から、リハビリ兼ねてブログを開始しました。以降、毎日連続で投稿しています。

◎このブログで伝えたい事

働き盛りの社会人に向けて・・・うつ病のリスクを伝えたい。毎日ブログを書くことで「うつ病って大変なんだな、嫌だな。気を付けよう。」と思ってもらえたら幸いです。

発達障害の当事者に向けて・・・各自にぴったり合った仕事は、何かしらあるはずです。発達障害だからといってあきらめずに、仕事をしましょう。典型的アスペルガーの私も、なぜか新規営業だけは大好きです。

 

今日の投稿は、以上です。読んでくださってありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です