一度うつ病になると本当にツライ。ちょうど1年たったけど社会復帰できる状態とは程遠い。

Pocket

うつ病休職365日目です。ついに1年が経過しました。1年前の今日、精神科で「うつ病です。2か月間休職して下さい。出社も電話もメールも禁止です」と言われました。

僕は広汎性発達障害(アスペルガー、ADHD)の当事者です。精神科の初診日に「典型的なアスペルガー」と言われてからも、2年近くデザイン会社の営業マンとして働いていました。

うつ病になった当時のことは、記憶があまり残っていません。本当に、しんどかった。感情もなかった。なんのために仕事しているのか、さっぱりわからなかった。

もし、あの時、精神科に行かなかったら・・・

事故死か自殺か過労死か、よくても精神科入院になっていたことでしょう。

「最近おかしいよ。精神科に行ったら。」と言ってくれた妻に感謝です。

休職200日目からブログを書き始め、毎日更新できています。休職して半年が経過した頃から、目に見えて回復してきました。本当は、今日のブログは「薬飲まずに自宅療養で、うつ病がこれだけ回復したよ」と書くつもりでした。1年間の振り返りをしようと思っていました。

しかし、見事に体調不良となってしまいました。気分が不安定になった引き金は、週末のイベントです。土曜日の講演会と、日曜日の幼稚園。イベントは土日でしたが、火曜になっても不安定。

昨日は二度も、気分が落ち込みました。1日に二度も落ち込むのは、最近はなかったです。

1度目はランチの時。妻とショッピングセンターに行き、お気に入りのカレー屋さんの前で待ち合わせ。妻は買い物、私は書店。1130待ち合わせだったので、急いでカレー屋の前に行きました。妻に電話しても、電話に出ない・・・たった7分間です、待ったのは。

すごくイライラして、そわそわして、耐えられませんでした。すぐ近くに、ベビーカーを押した女性がいたんですけど、あきらかに私のこと警戒していました。

2度目は買い物の時。火曜日がお肉の特売日なので、近所のスーパーに行ったんです。どの肉を買おうかな・・・と選んだだけで、ぐったり疲れてしまいました。帰宅して、肉を投げつけるようにテーブルに置いて、妻にグチグチと言っちゃいました。その後、自室に閉じこもりました。

しばらくして、妻がやってきて・・・「体調不良なのは仕方ないけど、いきなり不機嫌になられたら困るよ。見てもわからないから、きつい時は自分で言ってよ。無理して買い物にいったりしなくていいよ。」とのお言葉。妻の顔は見れなかったけど、たぶん泣いてたんじゃないのかな。。。

私はもともと、待つこと、選択することが苦手です。苦手といっても、営業マンとして働いていたくらいですから、社会生活は普通に送れていたんです。でも、うつ病になってからは、もともと苦手だったことが、まったくできない人間になっちゃいました。

このブログでも書いてきましたが、最近は回復傾向にあり、待つことも、選択することも、できるようになっていたんです。妻も喜んでくれていました。でも、疲れがたまり精神的に不安定になると、まったくできなくなっちゃいます。

休職して1年たっても、まだこのような状況です。うつ病、本当にやっかいです。昨日は、本当に落ち込みました。「俺は社会復帰できるんだろうか」と、真剣に悩みました。泣きたくなりました。

メンタルの健康は本当に本当に、大切です。自分のためにも、家族のためにも、心の健康を大切にしてください。7時間は寝る、1万歩くらい歩く、たくさん笑う。この3つを守るだけで、うつ病リスクを避けることができます。

今日は、以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です