アスペルガー最大の苦悩。それは正月の親戚づきあい

Pocket

うつ病休職355日目です。もうすぐ12月ですね。まもなく正月がやってきます。私は、お正月の親戚付き合いが、大嫌いです。

広汎性発達障害(アスペルガー、ADHD)当事者である、私の最大の苦悩。それは、近所付き合い、親戚付き合いです。しかも、関係が近ければ近いほど、苦手になります。

うつ病発症直後の、2017年の正月は、なんとか乗り切りました。発症直後だったから、逆によかったのでしょう。この頃は、「休職できてラッキー。2か月後に復職しよう」なんて考えていたくらい、うつ病を甘くみていました。医師やカウンセラーから、たしなめられていたくらいです。とはいえ苦痛には変わりなく、2017の正月では、親戚一同あつまって乾杯した後、1時間以内に退出しました。後のことは妻に任せて、逃げ出しました。でも、やはり数日間、抑うつ状態になりました。

 

ちなみに、妻も親戚付き合いが大嫌い、近所付き合いが大嫌いなんです。この点では、我々夫婦は価値観が同じで、最強のパートナーになります。なんせ地域の子供会に入らないくらいですからね。似たもの夫婦とというか、妻も軽い発達障害じゃないのかな、と思ったりします。

こんな私たち夫婦ですが、まもなくやってくる2018正月に、今から戦々恐々としております。ブログに過去も書いた通り、我々は、私の実家の隣に、マイホームを建ててしまったんですね。本当に、浅はかでした。距離が離れていれば、うつ病を理由に親戚付き合いを避けることはできる。でも、実家の目の前ですから、嫌でもお互いに姿が見える・・・

もう本当に、苦悩しています。妻は、「いっそのこと、2018正月は沖縄旅行にでも行こう!」と叫び、ツアー代金をネット検索はじめました。金もないのに。ついに気がふれたか。

でも、本当に、私たちには深刻な問題です。正月くらいは、実家に顔を出さないといけないという義務感がある。でも顔を出せば、私は確実に壊れる。私が壊れたら、子供たちの楽しい冬休みも台無し、なにより妻に負担がかかる。旅行に行けば、すべて解決できるけど、貯金も少ない。そうこうしている間に、ツアー予約の締め切りも、近づいてきた。

最近、毎晩のように、妻と顔をつきあわせて「どうする?」「どうしよう?」の繰り返しです。そろそろ結論ださなきゃ、旅行にも行けなくなっちゃう。

ああ。親戚づきあい。

それは、発達障害の最大の苦悩です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です