TOEIC疲れグッタリ。自分でリカバリした。

Pocket

うつ病休職350日目です。休職200日からブログ開始したので、150日つまり5か月連続でブログ更新しています。三日坊主の私には、信じられないことです。ぶっちゃけた話、Wordpressの「予約投稿」機能のおかげです。

TOEIC初受験の翌日、疲れがとれず、朝からグッタリしています。ある意味、予定通りです。1年ちかく、抑うつ状態と共存してきたので、付き合い方もわかってきました。自分でリカバリにチャレンジしました。

私は薬を飲まずに、自宅療養で、うつ病と戦っています。朝、妻子が外出した後・・・私は一人です。TOEIC翌日だから、とにかく体が重たい。頭もボーっとします。

気が付くと30年前のファミコンゲーム「SDガンダム カプセル戦記2」を2時間くらい没頭してやっていました。何百回とクリアして、わかりきったゲームを延々と繰り返す。この間、何も考えていません。何も考えない、というのが私なりの休息法なのかもしれません。(ただし、重たい抑うつ状態や、重たいフラッシュバックの時は、ゲームする気力すら起きません。)

ゲームに飽きたら、食事して散歩に出かけます。体中だるいけど、がんばって歩きました。歩けば、気分も良くなる。軽い抑うつ状態も解消される。今までの経験から、確信しています。最初はトボトボあるいているけど、20分もすれば足取りも軽くなる。気が付けば、1万歩を超え、80分間も歩きました。

そのあと40分くらい入浴しながら、体のマッサージ。TOEICのせいで、腰や首、肩の筋肉が固まっています。まずは、自分でほぐす。そのあと、マッサージ屋に行き60分間もんでもらう。

これで、疲れも取れた気がします。油断ならないのは、本当に疲れている時は、2日後~4日後に抑うつ状態になっちゃうんですね。TOEICのようなイベントの後、3日間くらいは(精神的に)安静にしておく。これが、自宅療養でメンタルを保つコツだと思います。なかなか、難しいですけどね。

(軽い)抑うつ状態は、歩けば良くなる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です