続【書評】名言だけで英語は話せる!

Pocket

うつ病休職346日目です。

うーん、ブログを書くのがおっくうです。ブログのネタは、あるようで、ないような。休職200日目からスタートしたブログも、今のところ146日間、休まず毎日投稿できています。毎日のブログと、散歩はすっかり習慣となりました。

でも、最近はブログが億劫。原因は、わかっています。TOEICやらなきゃ、という義務感です。うつ病休職中の私は、義務感を感じると、とたんに脳がフリーズしちゃいます。

そう言いながら、「毎日ブログを更新する」と自分で決めたら、マイルールに縛られるのがアスペルガー当事者。休めばいいのに、今日も書いてます。妻は、あきれてます。でも、なにかしら毎日ブログを書く!これはリハビリだ!

実は、今日の投稿は完全に自分のための備忘録です。スミマセン。でも、英語やTOEICの勉強している人には、役立つと思いますよ。3日前の投稿で【名言だけで英語は話せる/菊間ひろみ著/幻冬舎】の書評を書きました。くわしくは、コチラ

本書の目次を、下記に列挙します。高校英語教師を辞めてまで、米国留学して英語教授法を学んだ著者。本当に、本書は良い内容です。英語を話すために、名言を使って文法をコンパクトに解説してあります。3日前の書評も、ぜひご覧ください。菊間ひろみ先生、ありがとうございます。

第1章 まずは事実を正確に話す!

01 習慣について話す I do

02 物事の真理について話す It does

03 今していることについて話す I am doing

04 過去の出来事を話す I did

05 過去から今まで継続していることについて話す I have done

06 今までの結果を話す I have done

07 経験を話す I have done

08 予想を話す I will do

09 意図や確実な予想を話す I am going to do

第2章 助動詞を使ってワンランク上の英語にする

10 可能性について話す I can do

11 義務について話す I have to do

12 義務について話す I must do

13 してはいけない、と言う I must not do

14 したほうがいい、と言う I should do

15 かもしれない、と推測する I may do

第3章 仮定法だって使える

16 実現の可能性があることを仮定する If I do

17 想像上のこと、現在の事実に反することを仮定する If I did

18 現在の事実に反することを望む I wish I did

19 過去の事実に反することを望む I wish I had done

(第4章以降は、次の機会に・・・)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です