勉強だるい。やる気が出ない。うつ病でもできる対処法を考えてみた。

Pocket

うつ病休職338日目です。

勉強って本当にかったるいですね。なんででしょうね。昨日もTOEICの勉強のことを書きましたが、今日は「勉強したくないけど、気が付けば勉強をしてしまう」という勉強術を書きたいと思います。

勉強術なんて、おおげさなものではないのですけどね。うつ病休職中の私でもできることなので、誰でも簡単にできる内容です。

コツは、「義務感」をなくすこと、そして「暗記」しようとしないこと。この二つです。

私は、基本的に三日坊主で、やる気が維持できません。ADHDなので、スイッチも入りやすいけど、とにかく飽きっぽいんです。半年前に、土地家屋調査士の勉強をちょっとだけしたんですけど、うつ病ということもあって、まったく勉強できませんでした。思い返してみると、勉強してイライラする原因は二つでした。一つは、勉強しなくちゃ、という「義務感」。もう一つは、「暗記」です。脳に負荷がかかるとNGでした。

まず「暗記」から。受験勉強も資格試験もTOEICも、暗記を避けることはできません。暗記しようとすると、脳が疲れてしまう私は、暗記することをやめました。

散歩中に、テキストを見ながらブツブツ言う。これが、けっこう良い感じです。もともと、リハビリのため毎日散歩しています。どうせ散歩するなら、勉強しちゃえ!というわけです。

TOEICの公式問題集を片手に、近所の遊歩道をブラブラ・・・しながらブツブツ英語を唱えている私は、誰がどう見ても不審者です。人の気配がする時は、ブツブツをやめました。「暗記しよう」と思わなくても、意外と暗記できています。あとは、これを繰り返せばOKです。

もう一つ勉強の意欲がなくなるもの、それは「義務感」。ノルマにするから、勉強しんどくなる。でもノルマ決めて勉強しないと、試験までに間に合わない。ふと思いついたのが、「スタンプラリー形式」です。私はスタンプラリー大好きです。

ヒントは、娘がやってるドリルでした。娘たちは、ドリルをやった後にシールを貼るのが大好きです。シールを貼りたいために、一生懸命ドリルやってます。

勉強の全範囲を一覧表にまとめて、一区切り付いたら印をつける。これだけで、義務感がなくなって、「もっと印をつけたいから、勉強しちゃおー」という気持ちになりました。

ここまで書いておいて言うのもなんですが、10日後のTOEIC初受験まで、勉強時間はまったく足りておりません。でも毎日、ほんの少しずつですが、勉強することは続いています。半年前、投げ出したことを思うと、大きな進歩です。うつ病が回復傾向にあることを、本当にうれしく感じております。

がんばるぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です