うつ病休職とTOEIC

Pocket

うつ病休職337日目です。

地味にTOEICの勉強を続けています。

2017年11月19日に初受験します。

残り11日・・・

正直言って、2時間のTOEIC試験を最後まで受けることができるのか?自信がありません。なんといっても集中力がない。TOEICの勉強に集中できるのは、30分が限界です。30分勉強を、4セット。合計2時間が限界です。

不思議ですね、自分が好きな本を気ままに読むときは、2時間くらい没頭できます。でも、いわゆる「勉強」となると、脳みそがフリーズしちゃいます。

何度か、書いていますが義務感を感じると、脳が疲れてしまう。無理して勉強していると、イライラしたりフラッシュバック発生したり、家族に八つ当たりしちゃいます。

それでも、なんとか勉強を続けています。私は公式問題集だけでTOEICを乗り切る作戦です。これは【40歳オーバーでニート状態だったぼくが初めてTOEICを受けていきなり930点を取って人生を劇的に変えた、効果絶大な英語勉強法】という本を参考にしています。書評はコチラ

現在は、3冊の公式問題集をやっています。

A 「Listening&Reading問題集2」

これは最新の公式問題集です。2016年から問題形式が変更されたのを知り、10月下旬に慌てて買いました。結論から言えば、公式問題集の中では、これが一番オススメです。レイアウトも見やすい。

B 「新公式問題集Vol.3」

C 「新公式問題集Vol.4」

BとCは、数年前にTOEIC受験を考えた時に、買ったものです。当時は三日坊主で終わっちゃったのですが、今になって役立っています。

2016年からTOEICの内容が変更されていますが、明らかに難しくなっています。「ちくしょ~!数年前に思い立ったときに、勉強しとけばよかった~!」と思いました。簡単な問題が減り、リーディングでは長文が増え、リスニングでは会話が増えています。

正直、「うつ病の自分にはTOEICの勉強なんてまだ早いかな、負担になるからやめようかな」と思うことも毎日です。でも、リハビリだと思って何とか続けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です