うつ病リハビリ、うつ病予防に。無料で気軽にできるエクササイズ

Pocket

おはようございます。うつ病休職333日目の投稿です。

先日、近所の山に登りました。山といっても標高200メートル程度の低山です。車で、ふもとの駐車場まで行き、2キロの道のりを歩きました。30分で山頂に着きました。アスファルトで舗装された歩道を歩いたのですが、勾配が強いので思ってたよりもしんどかったです。最近は毎日歩いていますが、慣れない山道は、やはりしんどかった。

でも山頂に登ると、360度視界が開けて、気持ちよかった~。天気もいいし、空気はうまい。鳥の鳴き声もかわいいし。心地よい時間を過ごせました。山に登ることができ、自然を感じるまで回復できたことに感謝しています。健康って、ありがたいですね。

私は現在うつ病休職中で、薬を飲まずに自宅療養中です。休職して12か月目となります。精神科には月に2~3回、通院しています。以前、復職を焦っていた時期に病院から言われた宿題が、歩くことと、行動記録表を書くことでした。歩く目安は1万歩。最低でも6000歩。疲れを翌日に持ち越さずに、毎日コンスタントに歩くこと。これが復職へのファーストステップです。

最近は、最低でも6000歩は毎日歩けるようになりました。しかし休職6か月くらいまでは、一日の歩数は3000歩程度。たまに、子供と公園にいって1万歩くらい歩くこともありましたが、その後は2日間くらい寝込んでいました。うつ病は、体力も落ちますし、脳も弱くなっちゃいます。ろくに歩けない程、体力が落ちちゃいます。

いま思い返すと、うつ病になった直前は、ろくに歩いていませんでした。自宅から職場まで車で通勤。営業も車で行き、商談中はずっと座ったまま。事務所にいるときは、ひたすらパソコンを操作する。当時は万歩計を持っていなかったので推測ですが、4000歩くらいしか歩いてなかったのではないかな。さらに毎日深夜まで仕事です。慢性的な睡眠不足に加えて、土日もパソコン教室や仕事。苦手な仕事でストレスもたまる。いつ、うつ病になってもおかしくない生活でした。

うつ病のリハビリにも、うつ病の予防にも、歩くことは大切です。そして睡眠時間を確保することも大切です。本当に当たり前のことですし、普通の社会人はできているはずです。しかし、何かの弾みでバランスが崩れ、寝ることも歩くこともできなくなる。そして気が付けば、うつ病になっている。

こうして書くと、「何を当たり前のこと言ってるんだ」と言われそうですが、歩く・寝るという日常生活のことだからこそ、気が付かずに少しずつ、心と体を蝕んでいくんですね。

歩くことは、無料で気軽にできるエクササイズです。わざわざフィットネスクラブに行く必要はありません。マイカー通勤なら、ちょっと遠くに駐車する。電車なら、1駅手前で降りて歩く。買い物も近所なら、歩いていく。できるだけ歩くように意識しましょう。

歩けば、うつ病は予防できます。

うつ病は、なってしまうと本当につらい病気です。皆さん、どうかお気を付けください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です