精神科のカウンセラーが体調不良で休職しちゃった。

Pocket

うつ病休職303日目です。

中秋の名月ですね。

昨夜の散歩は、快適でした。夜はかなり涼しくなりましたね。

歩き始めたときは雲がありました。秋の夜空にポッカリうかぶ満月。

30分ほど歩くと雲が晴れ、きれいな月が見れました。

合計1時間ほど、のんびり散歩しました。

昨日も1万歩あるきました。

それにしても、中秋の名月をじっくり見たのは、いつ以来だろう。

10歳の時に、両親と弟と一緒に、どこか山道にドライブして満月を見たことを覚えています。それ以来だから30年ぶりかな。

仕事をするようになってからも「今日は、中秋の名月なんだな」と認識することは、もちろんありました。でも、仕事のことばかり考えていると、月を見る余裕もなかったなあ。

2年前か3年前に、職場のオフィス街で見た満月が最後だった気がする。ビルの合間から、ちょっとだけ見える満月。1分くらい満月を見て、すぐ仕事に戻ったことを思い出します。

花鳥風月という言葉があります。これは、花鳥風月を愛でることができる、心の余裕を持つことが大事という教えなのかもしれません(勝手な考えです)。

ところで、明日金曜日のカウンセリングがキャンセルされました。昨夜、いつもの精神科から電話があったんです。いつもお世話になっているカウンセラーの先生が、体調不良で入院されたとのこと。今月いっぱい、休職されるそうです。

無事に復職してくれたらいいけど。心配だなあ。

精神科で働くカウンセラーって、大変でしょうね。私のような、うつ病患者だけじゃないですからね。いろんな精神疾患がありますからね。一人一人の様子を把握しながら、患者さんと会話するのが仕事ですからね。大変だろうな。上司である、精神科医の方針も守らないといけないでしょうし。

私は、いまお世話になっているカウンセラーさんのことが気に入っていたのです。主治医とちがって、気楽に会えますからね。主治医と会うのは、若干の緊張が伴いますから・・・

カウンセラーさんが、無事に復職してくれることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です