【書評】40歳オーバーでニート状態だったぼくが初めてTOEICを受けていきなり930点を取って人生を劇的に変えた、効果絶大な英語勉強法

Pocket

うつ病休職301日目です。今日は、英語勉強本の書評です。

【40歳オーバーでニート状態だったぼくが初めてTOEICを受けていきなり930点を取って人生を劇的に変えた、効果絶大な英語勉強法/春名久史著/リンダパブリッシャーズ】

めちゃ長いタイトルですね。SEO対策のようなタイトルです。実はこの本を手に取ったのはすごく偶然の出来事でした。

先日、書店のイスで、座り読みをしていたのです。隣から、すごくうるさい独り言が聞こえてきました。見るとヨボヨボのおじいさんが、中国語の本を読みながら発音練習していました。しかも水筒を持って来ています。うんざりして、座り読みをやめて、書店をぶらぶらしていました。

そんな時に、この長いタイトルの書籍を発見して、思わず手に取ってしまいました。

一言で言えば、公式問題集だけでTOEIC攻略するためのノウハウです。しかも著者は、5週間の勉強で、一発でTOEICスコア930点。ほんまかいな、信じられないなと思いながら、夢中で読んじゃいました。

公式問題集は他の資格で言えば、過去問にあたります。公式問題集だけで攻略できると知って、僕もやる気がでました。実は僕は、TOEICは過去一度も、受けたことがありません。受けようかな、と思って公式問題集を3冊だけ、買ったことはあります。でもTOEIC受験したことはなかったんです。でも、本書を読んで刺激を受けて、TOEICの申し込みをしちゃいました。

それにしても、この本が出回ると、TOEIC関連の予備校や講師、関連本を書いている人は商売あがったりになるでしょうね。著者の勉強法は、

  • 天才秀才の勉強法をマネしない
  • 予備校は必要ない
  • 英字新聞もCNNも不要
  • 単語集は不要
  • 文法書も不要
  • 辞書もほぼ不要
  • 公式問題集の解答・解説編だけ使う
  • 公式問題集は解いてはいけない、何度も読み込む
  • 暗記する必要はない
  • 時間のある限りひたすら繰り返す

といった感じです。学習計画のスケジューリングまで丁寧に紹介されています。TOEICや英語に興味がある人は、必読だと思います。

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です