うつ病になって良かったこと。家族との時間が増えた。

Pocket

こんにちは。うつ病休職288日目です。午後になって記事を書いたのは、初めてかもしれません。一応、このブログは毎朝更新を目指しています。

実は今日は、次女の幼稚園の「お誕生会」でした。次女の通っている幼稚園では、毎月「お誕生会」をやってくれていて、その月に生まれた子を囲んでお祝いしてくれるんですね。保護者も参加できることになっています。実は「お誕生会」には初めて参加しました。長女の時は一度も参加していません。長女に何か言われそうだな・・・

でもサラリーマンしていると、平日に休みを取るなんてなかなかできませんよね。公務員だったら休みも取りやすいのでしょうけど。私の場合は、卒業式や入学式に、半日の休暇をとるのがやっとでした。

「お誕生会」では、9月に生まれた子たちがステージに上がって、元気に挨拶をしていました。次女は年長さんなんですけど、年長さんは9月生まれは次女しかいなくて。しかも発育がいいものですから、他の子と比べて頭ひとつ大きくて目立っていました。

子供や先生たちが歌を歌ってお祝いしてくれました。歌の前に、誕生月の子たちにインタビュー。年少さんは「何歳になりましたか」「3歳です」とか答えて、かわいい感じです。年中さんは元気いっぱい、というか声でかい。年長さんになると「なりたい仕事」や「名前の由来」を発表していました。

思い返せば、次女が幼稚園に入園したときは2歳6か月だったんですね。それがもう6歳になった。早いなあ。次女が入園したのは、僕がデザイン会社に転職した後の出来事です。デザイン会社では激務だったので、本当に家庭のことはほったらかしでした。奥さんには悪いことしたなあ。

現在、うつ病になって10か月目ですが、休職したことで家族で出かける機会は間違いなく増えました。家族と一緒にいる時間が増えて、妻から小言を言われることもなくなりました。そういう意味では、うつ病になって良かったなと思います。

とはいえ、子供の相手ができるようになったのも、休職して8か月目くらいからです。つい最近です。休職したての半年は、子供と接することがつらくて苦痛でした。子供から逃げまくっていました。

私は昨年末に休職したのですが、あのタイミングで休職して本当に良かった。無理してあと1か月も仕事を続けていたら、精神科に入院していたことでしょう。強引に「休みなさい!!」と言ってくれた主治医、そして精神科に行けと言ってくれた妻に感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です