復職までの段取りをカウンセラーに聞いてみた

Pocket

うつ病休職275日目です。

昨日(9月6日、274日目)の続きです。精神科のカウンセラーに聞きたいこと、それは復職までの段取りです。現在、うつ病求職10か月目に入った営業マンですが、復職までの段取りについて精神科で聞いてきたので共有します。あくまで私の場合ですし、ざっくり書いてますので、ご了承ください。

【復職までのステップその1】医師が「リワーク・プログラム」開始OKの判断をくだす。

リワークとは復職のことです。現時点ではNGと言われ、睡眠と歩行数についてアドバイスをもらいました。睡眠については、11時までに寝ることと、昼寝をしないこと。歩行数については最低8000歩は歩き、翌日に疲れを持ち越さないこと。まずは上記について改善していきます。

【復職までのステップその2】リワーク・プログラムに取り組む。

最短でも2か月かかる。3か月かかる人も多い。この期間に、自分の振り返りを行う。うつ病になった原因(内的要因と外的要因)を書き出し、その対策を自分で講じていく。自分で自分の「うつ病再発予防マニュアル」を作る。カウンセラーと相談しながら、再発予防マニュアルをつくり、医師がチェックする。

【復職までのステップその3】職場との調整に入り、医師の最終確認を経て職場復帰。

まずは時短勤務から復職することが一般的。復職せずに新たな職場を探す場合(転職)はステップ3は省略。転職するつもりだった人が、この段階で「やっぱり復職したい」と言い出すことも多いとのこと。

以上です。カウンセラー曰く、「かなり面倒で大変な作業。患者さんから『こんなに復職が大変なら、もう二度と休職なんてしたくない』と言われることも多い。その分、しっかりステップをこなした人は、うつ病を再発させることなく復職できる人が多いです。」とのこと。

自分で計算してみると、順調にいっても来年1月からの復職になりそうです。時間がかかったら来年4月くらいかな。うつ病の復職って、時間がかかるんですね。改めて実感しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です