ドラクエ11 2回裏ボス撃破したけど公式攻略本は楽しいです

Pocket

うつ病休職272日目です。ドラクエ11の公式攻略本を買ってしまいました。すでに2回、裏ボスまで撃破しているのに、買っちゃいました。すごくボリュームがあるというか、分厚いです。なんと800ページもあります。

公式攻略本は、ドラクエ11の発売1か月後の8月下旬に、スクエア・エニックスから出版されています。ちなみに私は、Vジャンプから7月下旬(ドラクエ11発売と同時)に発売された攻略本(ロトゼタシア・ガイド)も持っています。

2回もクリアしていて、Vジャンプ版の攻略本も持っているのに、今回の公式ガイドブックを買う意味はあるのか?ちょっと悩んでいましたが、買ってよかったです。Vジャンプ版には載っていない、アイテムやモンスターの詳細データも書いてありますし、特技や呪文のダメージ計算についても新たな発見がありました。

今後、ドラクエ11をプレイされる方は、Vジャンプ版よりも公式の方がおススメです。金額は400円ほど違いますが、公式のボリュームはすごい。

Vジャンプ版にしか書かれていないことは・・・大御所3人の対談は、Vジャンプ版でしか読めません。堀井雄二、鳥山明、すぎやまこういち、この3人の対談は過去になかったものです。ドラクエ30周年にして初のドラクエ大御所3者対談が掲載されています。あと版権の関係というか大人の都合で、鳥山明のイラストはVジャンプ版(集英社)にしか掲載されていません。

公式版を読んで、驚いたというか、興味があったこと。それは8人目の仲間グレイグについてです。Vジャンプ版では、グレイグと目覚めしセーニャについては、袋とじになっていたんです。しかし公式版では、グイレグと目覚めしセーニャの詳細データまで書かれています。さらにグレイグのスキル(はくあい)とシルビアのスキル(きしどう)についても紹介されています。はくあいスキル、きしどうスキルはどちらも、クリア後のクエストをクリアした後でないと解放されません。

Vジャンプ版は当然ですが、公式攻略本でもシナリオ・ストーリーは巧妙に隠されてます。ネタバレの心配はありません。ちなみに公式攻略本ではボス級モンスターも、ほとんどが紹介されています。ラスボスと、裏ボス以外は、すべてといっても過言ではない。

というわけで、2周プレイした後でも、Vジャンプ版を持っていたとしても、公式攻略本は買う価値があります。ただプレステ4版の公式攻略本は、どの書店も品切れ・品薄状態です。私も書店を3つまわって、ようやくゲットしました。気になる方は、書店で発見次第すぐに買ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です