傷病手当金の支給申請書 パニックになった日

Pocket

うつ病休職267日目の投稿です。昨日、(健康保険の)傷病手当金の支給申請書を、職場に郵送しました。もう数回目なので、この作業にも慣れました。申請書を手に取って、ふとパニック状態になったことを思い出しました。あれは休職2ヶ月目だったかな。初めて傷病手当金の申請書を書くとき、わからないことがあってパニック状態でした。

傷病手当金の支給申請書は、4枚で1セットになっています。4枚目は、医療機関に書いてもらいます。具体的な項目は忘れてしまったのですが、たしか「労務不能と認めた期間」について、主治医からひとつ質問をされたんです。有給休暇のことも、ありますからね、主治医も確認したかったのでしょう。

主治医から「職場に確認してください」と言われたんです。私は、職場に連絡することがプレッシャーで、怖くて、できなかった。とにかく、職場と連絡をしたくなかったのです。

うつ病になるまでは、普通に出勤して、普通に仕事をしていました。休職してから、とたんに会社に連絡するのが怖くなりました。会社に対して、同僚に対して、申し訳ないな~という気持ちがいっぱいでした。不安と焦りの毎日。休みたくても休めない毎日。うつ病休職して1~2か月はこんな感じでした。

実は私の妻は、病院で働いた経験があります。支給申請書のことも、妻に相談すると一発で解決しました。あの時は、たすかったなぁ。次に主治医に会った際、「会社に確認しました」とウソついて、話をした記憶があります。

以下、参考までに傷病手当金の支給申請書について。申請書自体は、全国健康保険協会のWEBからダウンロードできます。黒色ボールペンで書きましょう。健康保険証と銀行口座を準備しましょう。

1枚目は、申請者が記入します。住所や氏名、振込先指定口座について書きます。

2枚目も、申請者が記入します。申請内容(傷病名と初診日、申請期間と日数は、4枚目と合わせましょう)と、確認事項を書きます。

3枚目は、事業所(あなたの職場)が記入します。申請者は、何も書かなくてOKです。職場に送付する時点では、3枚目は白紙です。職場の人が書いてくれますので心配無用。

4枚目は、医療機関が記入します。申請者は、何も書かなくてOKです。

以上4枚を1セットにして、職場に送ります。職場の人が3枚目に記入した後(社会保険労務士を経由することも)、健康保険協会に提出されます。

この後、銀行口座に傷病手当金が振り込まれます。ありがたい制度ですね。

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です