ドラクエといえばニッポンふっかつのじゅもん

Pocket

ドラクエ11には、「ふっかつのじゅもん」という懐かしいシステムが実装されています。ドラクエ1とドラクエ2はセーブ機能がなかったから、ふっかつのじゅもん(ひらがな組み合わせ)でゲームを記録していたんですね。

さて歴代ドラクエの作曲家は、いわずとしれた、すぎやまこういち先生。歴代ドラクエには名シーンたくさんありますよね。私はドラクエ8の船に乗るシーンとか好きでした。皆さんは、どの作品がお好きですか?

親子の愛情、友情愛、恋愛。敵と味方、師匠とライバル。どの作品にも感動的なシーンがたくさんあります。私はドラクエ11の、ナギムナー村の人魚のシーンとか好きです。シナリオが良いのはもちろんですが、やはり感動的なBGMは欠かせません。ドラクエの名曲ってたくさんありますよね。

ドラクエ1からドラクエ11に至るまで、全作品の作曲を担当しているのが、すぎやまこういち先生。

御年86歳。現在も精力的にコンサートを開催されています。ゲーム作曲も多数ありますが、CM作曲はなんと2000曲を超えるそうです。すぎやまこういち先生は、なんと東大卒です!今日ウィキペディアを見て初めて知りました。フジテレビ勤務を経て、独立されています。

ところで、すぎやまこういち先生が、作家(現在は参議院議員)の青山繁晴さんと対談している動画があります。ご存知でしたか?ちなみに青山繁晴さんは僕が大好きな作家です。お二人の対談動画は、

ニッポンふっかつのじゅもん

で検索すると、いくつか出てきます。すぎやまこういち先生の優しい人柄や、日常生活についても語っていますので、ドラクエ音楽の誕生秘話とか聞けるかもしれません。ドラクエファンなら楽しめる内容なので、ぜひ動画を視聴してみてください。

おっと、書き忘れていました。うつ病休職258日目の記事でした。明日はいつもの精神科に行き、傷病手当金の申請書を書いてもらいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です