終戦記念日に思うこと。

Pocket

うつ病休職252日目です。今日は8月15日。終戦の日、イコール敗戦の日ですね。私がこのブログを書こうと思った根っこの部分では、日本の国力アップにつなげたいという思いがあります。広汎性発達障害の当事者(アスペルガー、ADHD傾向)で、うつ病で休職している中年男性が、何をえらそうに!?と言われるでしょうけど、マジメに思っています。

3つの理由から、将来の国力低下が気になっています。1つ目は人口減少。2つ目は発達障害者や、うつ病患者の増加。3つ目は北朝鮮や中国の脅威。

1つ目の少子化による人口減少の影響は、国力低下につながります。実は私、宅建の資格を持っています。上場している不動産管理会社で働いたこともあります(まったく仕事が合わなくて、つらい目にあった記憶ありますが・・・)。不動産について考えるとき、人口の将来予測は欠かせません。今から15年~20年後には、不動産(戸建て・マンション)の3分の1は空き家になると言われています。人口減少は、国力を考えるうえで深刻です。

2つ目は、精神疾患の患者増加。健康な働き手が減るということは、1つ目とも重なりますが、国力の低下につながります。たしかに、様々な制度により、今後は精神疾患がある人も働きやすくなると言われています。ただ、私は当事者なのでよくわかるのですが、うつ病や発達障害がある場合、上場企業のホワイトカラー的な職種はしんどいと思います。コミュニケーションのパターンが限られるIT系は良いかもしれませんが、技術の陳腐化に追いつくのも大変ですしね。我々は、自分の特性にあった仕事に就くことが何より大切です。私はこの部分で、何かしら社会貢献していきたいと考えています(まだ具体的には見えていませんが)。

3つ目は、北朝鮮や中国の存在です。北朝鮮のミサイルや拉致については、残念ながら民間人が何を言っても解決しません。むしろ怖いのが、人口が激減した日本の田舎に、中国人等が大挙して押し寄せることですね。大量の移民による地方のっとり。中国政府は100年単位で、日本を押さえることを狙っているそうですね。日本人の手で、日本の地方(というか田舎町)を活性化しないと将来ヤバいですよ。この部分でも、何かしら社会貢献していきたいと考えています。

なにはともあれ、終戦記念日ですね。祖国のために散っていった先輩方に感謝の気持ちを。。。

そういえばお盆の真っ最中ですね。ちなみに私の実家は浄土真宗です。うつ病のため、実家には顔を出していませんが、気持ちだけでもご先祖様に感謝の気持ちを捧げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です