テレアポのコツ 全体像

Pocket

うつ病休職250日目です。200日目からブログ開始したので、50日連続でブログ投稿できており、回復傾向をうれしく感じております。今日は体調がよいので、テレアポのコツを書いてみます。

このブログは探客.comというタイトルです。新規開拓営業、なかでも BtoB の見込み客を探し出す事(探客)が私の得意分野です。私は広汎性発達障害(アスペルガー、ADHD)の当事者ですが、発達障害でも得意技はあるのです。デザイン会社で働いていましたが、毎日1時間程度のテレアポで、半年間で新規アポ100件を獲得しました。上場企業やプロスポーツを含む、新規見込み客を多数発掘してきました。テレアポで苦しむ新人営業マンも多いと思いますので、私の経験が何かのお役に立てば幸いです。

では本題に入っていきます。今日は、「テレアポのコツ」全体像です。準備編、受付突破編、アポゲット編の3段階で書きます。このノウハウを使うことで、新卒でも営業初心者でもストレスなくテレアポできるようになります。実際にデザイン会社の新卒社員も、問題なくテレアポができていました。

 

【準備編】の内容・・・効率の良いテレアポのリストはどうやって作る?なぜリストを作る必要があるのか?台本(トークスクリプト)はなぜ必要なのか?台本は誰が作ればよいのか?効率的なテレアポをするための環境は? など、テレアポをするための前準備について書きます。

【準備編】コンテンツ詳細へのリンクはコチラ

 

【受付突破編】の内容・・・初めて電話して、第一声は何がよいのか?電話をガチャ切りされてもメンタルを保つコツは?受付で相手にされないときの切り返しフレーズは?断られにくい声のトーン、声の速さとは?テレアポに適した時間帯とは?どうしても受付を突破できないときの対処法とは?ファーストコールの目標は?担当者が不在の時はどうすればよい? など、受付電話を突破するときのコツを書きます。

【受付突破編】コンテンツ詳細へのリンクはコチラ

 

【アポゲット編】の内容・・・担当者につながったが、何を話せばよい?担当者が沈黙しているが、断りたいのかな?アポイントをとりやすい話法とはなに?どうすれば具体的なアポがとれるの? など、担当者にかわってから実際にアポ設定するまでのコツを書きます。

【アポゲット編】コンテンツ詳細へのリンクはコチラ

 

このようなことを書いていきます。私の健康状態次第ですが、できるだけ早めに書き上げます。楽々テレアポ講座(仮称)どうぞお楽しみに。

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です