もともと苦手なことが、うつ病で更に悪化する。

Pocket

私は、広汎性発達障害の当事者で、収納と選択が苦手です。成人の広汎性発達障害で、アスペルガーとADHD傾向です。今朝の投稿は、苦手なこと(収納と選択)を少しやっただけで、うつ症状にも影響がでちゃうというお話です。

私は、収納は子供のころから苦手でした。あ、掃除は意外と好きなのです。拭き掃除とか、ワックス塗とか、けっこう一生懸命やってしまいます。不用品処分とか、物を整列させるようなことは問題なくできます。ただ、「収納」することは本当に苦手です。

うん?なにか違和感があるな。。。ここまで書いてて、ふと思いなおしました。収納ではなく、「分別」が苦手なのかな。。。箱の中に、モノを効率よく詰め込むことは、意外と得意だったな。。。そうか、苦手なのは分別なのです。仕分け作業が嫌いなのです。数学の「場合の数」とか嫌いだったのも、この影響かもしれません。

選択するのも苦手です。以前の記事にも書きましたが、洋服を選ぶことが極めて苦痛です。旅行とかいっても、お土産を買うことはほとんどしません。めったにしません。妻と独身時代にディズニーランドに行った時も、私がまったく買い物しないので、妻は呆れていました。買い物が嫌いというか、選ぶことが、嫌いなのです。

実は昨日、近所のTSUTAYAで、漫画キングダムをレンタルしました。人気マンガ(最新刊は47巻)なので、レンタルされているものも多く、書棚はムシクイ状態だったんです。妻と相談しながら借りる巻を選んでいました。手にとっては書棚に戻す、という作業を何度か行ったら、とたんに気分が悪くなってしまいました。

漫画をレンタルしたことがある人は、ご存知だと思いますが、1冊1冊、漫画がケースに入っています。ケースから出して、また入れる。これだけの作業ですが、「分別と収納と選択」という苦手作業が発生します。これだけの作業を、10分くらいしかやってないのに、不機嫌というか調子悪くなっちゃいました。

発達障害でもともと苦手なことが、抑うつ状態だと更に悪化するようです。

逆に言えば、自分の苦手な作業や、苦手な環境を細かく把握しておく。苦手は避ける。そうすれば、不機嫌な状態、抑うつ状態にならなくて済む。

これも、薬を飲まずにうつ病と戦うには、大切なことかもしれません。

以上、休職244日目の投稿でした。今日から一週間がはじまりますね。数日がんばれば、お盆休みに入る方も多いかと思います。事故などに気を付けて、今日も元気にがんばっていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です