広汎性発達障害を親に伝える。両親の反応は。

Pocket

うつ病休職240日目です。ついに両親に伝えました。私は成人の広汎性発達障害の当事者(アスペルガー、ADHD傾向)です。2015年春に医師から口頭で伝えられ、2016年春に診断書を受け取りました。しかし、昨日まで両親には黙っていました。

別に発達障害だったからと言って、私は両親を恨んでいるとか、そんなことは全くありません。また、つい最近まで、発達障害のことは言わないでおこうと考えていました。

黙っていた理由は、母を苦しめるんじゃないかな?という不安があったからです。しかし妻と相談した結果、やはり伝えておこうという話になりました。

話すことにした最大の理由は、1週間ほど前のフラッシュバック(過去の記憶がよみがえる)です。父と軽く手が触れただけですが、その後に強烈なフラッシュバックがあり、数時間うつ状態になりました。

今は夏休みなので、子供がずっと家にいるのがつらくて、すぐ隣の私の実家に、遊びに行かせています。両親に孫のお守りをしてもらっています。子供の送り迎えなどで両親と私が会う機会も増えるため、今後のフラッシュバックを軽くするためにも、両親に発達障害を伝えておこうと決めました。

私が直接いうのは、なんとなく避けたかったので、妻から伝えてもらいました。

妻は、私の診断書と、「僕はアスペルガーなお医者さん」という本を持って行きました。1時間くらい両親と話をして、帰ってきました。

両親の反応は・・・母は、とまどっていた様子です。

妻から、あまり詳しく聞いていないので、これくらいしか書けません。妻も、初回は軽くジャブ程度に話をしてきたと言ってたので、再度話す機会もあるでしょう。本も渡したことだし、あとは書籍で勉強してくれることでしょう。

両親に伝えて、ホッとしました。妻に感謝です。

さて、このブログは、毎朝6時の投稿を目標にしています。実は今朝も5時に目がさめたのですが、朝からドラクエ11を優先してしまいました(笑)

ドラクエ流うつ病バトル日記

ドラクエ11、8人の仲間のうち、7人までが仲間になりました。あ、上記の別館ブログは、ちょっとサボり気味です(笑)

この記事へのコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です