映画ツレうつ/うつ病当事者のレビュー/ツレがうつになりまして。

Pocket

うつ病休職222日目です。休職ブログ。広汎性発達障害の当事者です。38歳で発達障害の診断を受け、40歳でうつ病発症。デザイン会社勤務のサラリーマン、新規開拓営業だけが得意です。

最近、うつ病や発達障害のDVDや書籍を、見まくっています。うつ関連の映画、鉄板といえば、「ツレがうつになりまして。」でしょうか。

主演女優は宮崎あおいさんです。しかし、私は、宮崎あおいさんとわかりませんでした。堺雅人さん(演技が上手ですね)のことも、知りませんでした。アスペルガーのせいなのか、芸能人にホント興味がなくて。

それにしても、夫のことを、ツレと呼ぶの、はじめて聞きました。ツレはアスペルガーっぽい気配を感じました。曜日ごとに、お弁当のチーズやネクタイを決めている様子とか。職場コミュニケーションのカタそうな感じとか。

ツレの、うつ病きっかけは、「過労」と「苦手な仕事」でしたね。これも鉄板です。もう本当に鉄板です。私もそうでした。

映画を観た感想は、一言です。

「ツレさん、退職する前に、休職しましょうよ!」

映画では、ツレが退職後に、勤務先が倒産しています。もともとリストラがあり、人員削減の影響がツレにきて過労になったというストーリーでした。なんせツレが退職届を出しても、「引継ぎをするまでは出勤しろ」という会社ですからね。

しかし、あえて言いますが、勤務先の都合は関係ありません。ツレや私、従業員がだれか突然きえても問題ない。それがサラリーマンです。

休職すれば健康保険の傷病手当金で、給料の6割程度が支給されます(最長1年半)。しっかり休むためにも、家族のためにも傷病手当金を申請するべきでしょう。失業保険はその後です。

もっとも、私がこんな事を書けるのも、しばらく休職して脳が回復しつつあるから、なのですが。私も休職する前後は、まともな判断能力がありませんでした。職場やお客様に迷惑かけるから休職なんてできない、そう思っていました。医師に禁止されても、引継ぎを意地で行いましたし。

ところで映画の中で、はるさん(奥さん)が、「会社を退職しなさい」と言っていました。うつ状態にある時は、退職や転職、退学、離婚結婚、このような人生の節目となるようなことは行ってはいけないと言われています。

これを私の妻に言うと。。。「知らんかった」と言われちゃいました。私も散々「退職して」と言われたクチです。まあ、夫のことを心配して言ってくれているので、ありがたい話です。

このブログを読んでくださっている方に、一言・・・

退職する前に、休職しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です