WAIS-3という知能検査を受ける

Pocket

デザイン会社サラリーマンによる、40代男性のうつ病休職ブログ。休職200日目からブログをスタートし、今日で203日目です。

今日は朝から、温泉と買い物へ。その後、丸亀製麺でうどんを食べてきました。少しづつ外出ができるようになってきて、うれしく感じています。

2015年2月頃、2回目の精神科で、WAIS-3という知能検査を受けました。

これは広く普及している知能検査みたいですね。臨床心理士と1時間ほど、時間を過ごしました。数唱(相手が数字をランダムに言い、私が同じように繰り返す)や図形認識、計算、一般常識、などいろいろな内容がありました。

けっこう、疲れて、ぐったりした記憶があります。検査する臨床心理士さんも、大変だろうなと思います。

その次の医師の診察で、検査結果を聞きました。WAIS-3の、結果の見方などを教えてもらいました。

「できること、できないことの凸凹が大きいですね。自分でいろいろ学んで努力してきた結果、今の生活が送れているんでしょう。今までよく、がんばってきましたね。」

このようなことを言われ、いままで、もがいて苦しんだことを瞬時に思い出し、泣きそうになった記憶があります。

ただ、あなたの特性上、今の仕事はあまりに向いていないので、転職を強くすすめます、と言われたことは、非常に気になりましたが。。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です